「モッタイナイ…!」モノを捨てられず溜め込む人の共通点とは

世界共通語になった「MOTTAINAI」。素敵な言葉だけど、

これに縛られてモノを捨てられず溜め込む人のなんと多いことか(笑)。

もし日本に「もったいない」という概念がなければ、私だってもっと

持ち物をガンガン捨てられると思うんです。でもすごく囚われている・・・。

日常でもしょっちゅう口をついて「だってもったいない」のセリフ。

出先で余ったモノを持ち帰ったり、断捨離をためらったりしている。

なんでも行き過ぎはNGで、「自分ってもしやビンボー臭いのか?」なんて

ちょっと反省したりもします。ほかの人はもっとモノを簡単に捨ててるのかな?

食べ物を残すのもキライなので、外食しても単品系が多いです。

定食系だと多すぎることがあるので頼まない。周りが定食だったら合わせますが

無理やりお腹いっぱいでも食べたりしている。うーむ、日本の同調圧力って難しい。

同調圧力ったって、誰かに強制されてるワケでもないんだけどなぁ^^

スポンサードサーチ

モノを捨てられない人の過去には・・・

子供の頃、親に無断で大切なものを処分された経験ってありませんか?

その経験がトラウマっぽくなってる人の中には、モッタイナイ精神が行き過ぎて

モノを捨てられず溜め込みしすぎちゃう人が存在するそうですよ(!)。

思い当たるフシがありすぎて、「モロに自分のことだなぁ」と感じます。

もちろん、子供の持ち物なんて全部全部取っておけるワケじゃない。

収納スペースだって限られてるし、成長とともに持ち物なんてどんどん変わる。

ですが、「ガラクタに見えても宝物」な持ち物って、大人になった今でもあるし

子供なら猶更です。こういう内面を無視して「古いから、価値がないから」と捨てる。

そのつらかった記憶が、モッタイナイ精神を加速させているそうなんです。

なんか分かる・・・!

ヒトの物を勝手に捨てちゃいけない

親が子の持ち物を捨てるときだけでなく、家族間や恋人間だって、

嫁姑間だって、このルールは絶対に守らなきゃいけませんよね。

「要らなさそうだったから捨てておいた」なんて論外(よくあるけど)。

”ひとの大切なものを捨てる=その人の心の一部を勝手に捨てる”ようなもの。

思いがけず傷つけることだってあるんですよね。なので、家の中で

「これ邪魔だなぁ・・・捨ててくれたらいいのに」なんて思ってても

絶対に手を付けちゃいけないな、と思ってます。どうしても捨てたいのなら、

<本人に確認を取ってから>という手順が大事かもしれません。

 

ちなみに私が記憶の中で、親に捨てられてショックだったものは、

キレイな小石&すり減った色ガラスの破片。どうみてもゴミですが、

幼い自分の中では一生懸命拾い集めたものだったので、一瞬でなくなったとき

しばらく傷ついてしまいました(今でも覚えているほど)。

で、そんな私はモノを溜め込むクセが抜けません^^

【下着の捨て時問題】いつ捨てるのか?ホツレた下着

着心地バツグンだけどボロい服!断捨離する勇気を持ちたい

贈り物は”商業の産物”と考えると捨てやすい!罪悪感を持たなくてOK

 

 



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪