ゴムパッキン用カビキラー登場!お風呂場の落ちないカビに使ってみた

パッキン専用のカビキラーがあるなんて・・・!

こういうの待ってました♪先日ドラッグストアで初遭遇し、

思わず買ってしまった斬新な商品「ゴムパッキン用カビキラー」。

ジェル状で飛び散らず、ペン型で塗りやすい。

液はちょっと粘性で汚れに貼りつき、15~30分放置ののち、

軽い力で落とせるという目からウロコ級グッズです。

カユいところまで手が届く発想、さすがジョンソンさん♪

こういう塩素系って、スプレーだとちょっと恐怖を感じてしまうんだけど、

まるで筆記用具のように手に収まり、女性にも使いやすい。

さっそく、我が家のきったないお風呂扉のパッキンに塗ってみます^^

ああ・・載せるだけで恥ずかしい(〃ノωノ)

でも、これほんと落ちないんですよ。ツマヨウジや針先で書きだそうとしても

頑として落ちない。油分とかホコリとかいろんな汚れの複合体にカビが付着している。

築年数が経っているので、最初からこんな感じでした。

見て見ぬふりをしてきましたが、「それも今日で終わりかも?」と思うと嬉しい。

小さいながらパワフル!ただし刺激にはご注意を


ちょっと多めに出してみると、透明のボンドみたいな感じ。

必ず手袋&ゴーグルをしましょう。

このタイプのカビキラー、手元と目とがかなり接近するので

目に刺激が来ます。ゴーグルなんて大げさに見えますが、

時間差で刺激が来るので、事前に100均で調達しましょう♪

あっというまに塗り終えてしまいました^^

スプレーのように飛散しないので、ムダなく使えてエコです。

「周辺を2ヵ所以上換気する」とあるので、窓やドア、換気扇などは

めいっぱい開放して放置します。

さて、数十分後。「あれ・・・?カビキラーみたいに白くならない」。

ちょっとガッカリしてましたが、雑巾で擦ってみたところ・・・

このとおり(*´ω`*)♪

端っこのほうは雑巾が届かないので

ツマヨウジなどでお掃除することになりますが、

とりあえずここまで美しく仕上がったのには感動です・・・!

この拭き上げのときは、濡れものを使わず、乾いた布やティッシュで拭います。

水で流してもOKだそう。

今まで「パッキン部分汚いなぁ・・」とチラ見しつつプチストレスでしたが、

今度はお風呂に入るたびに「美しい・・・」と呟けます。

このカビキラー、タイルの目地やコーキング部分、結露する窓枠、冷蔵庫のパッキンなど

あらゆるところで活躍します。良いお買い物をしました。おすすめ品(*´ω`*)


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪