「造花がホコリまみれで掃除したい!」そんな時の便利な方法

お祝い事で頂いた薔薇の造花。布系です。

この造花、ホコリが溜まってて、なんだか白茶けている・・・。

前から「掃除しなきゃ」と思いつつ、どうやって掃除していいか分からず、

花弁をちょこちょこ水ぶきしてたんですが、数がありすぎてキリがなくて・・・(笑)。

綿棒で掃除していたら、気が遠くなった

美しく暮らているおうちだと、ホコリの積もる前に

こまめにお掃除されていることでしょう。しかし、この薔薇の花・・・(笑)

折り重なり、複雑な形状。いろんな掃除方法を試してたんですが、

永遠に終わらないような作業に疲れ切ってしまい、そのまま放置していました(ダメダメ)

かといって、アルコールで拭くと色落ちしそうだし、

だからってホコリまみれなのもかわいそう。

いろいろと調べた結果、”水の中でお花をすすぐ”という方法を発見♪

これはいいかもしれない・・・!自分では思いつかなかったお掃除方法です。

大きなタライに水を張り、お花を泳がせるようにして左右に振ります。

結果、水がちょっと白っぽく濁り、取れたホコリが沈殿。この方法、画期的!

造花の色が見違えた!新品のような色に復活

お花が完全復活しました・・・!嬉しい^^

紙製だとこの方法では洗えないかもしれないけど、

プチプラ(100均とか)のものなら、この方法で十分です♪

ホコリをかぶったままのお花を飾り続けるなんて、ビンボー臭いし

運気もダダ下がりしそうですが、これで見栄えも完全復活。

ほんとうは、ホコリに無縁の生花を飾るのが一番なんですけどね^^

お花屋さんが近くにないのと、ギフトで頂く以外にはなかなか自分で買えず・・・☆

かつては1日1本の生花を活けつつ暮らすのが夢でしたが、

夢は夢でしかなかった・・・(笑)やはり花よりもまず生活必需品から揃えてしまう。

でも、お花のカタチをしているというだけで、眺めてて和むのは事実。

100均でもさいきんは作りのいいフェイクグリーンがたくさん並びます。

その中でもさらに精巧なものを選び抜いて飾るのがスキ。

そうそう、以前は野の花を摘んで飾るというメルヘンなことをしてましたが、

大量の虫が花から現れてからというものトラウマになり、今に至ります。

造花は手間がいらない分、生花より重みはないのですが、

手軽に可愛いインテリアが作れるので、つねに何かしら飾って楽しんでます。



買取査定も良いですが、断捨離にはメルカリが一番融通がききますね。匿名で簡単です♪

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←

スポンサードリンク






通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪