買っても買っても満たされない!?それって深層心理の叫びかもmono

持ち物は十分足りてるはずなのに・・・?異常な物欲の正体とは

衣食が足りているのに、物にも満たされているのに、

まだまだお買い物をしたい心理。

それはやっぱり、内面の空虚さが表れているんじゃないか、と

思うようになりました。kuukyoもちろん、「同窓会だからキレイにしていきたい」とか、

「結婚式のお呼ばれに毎回違う服を着たい」とかいうのは、

人の欲求や煩悩(=見栄)の範囲から外れてないと思います。

けれど、すでに十分与えられた状態で、

それでもまだまだ欲しい、足りない、と感じるのは、

「自分自身に本当の自信が持てない」という心のサインに思えます。

たとえば、

◆他人と比べすぎている(身近な人だけでなく、芸能人など特殊職業の人と)、

◆自分に自信がない(物を持つことで自信のなさを埋めようとしている)、

◆孤独である(同じく物で寂しさを埋めたい)

など。

そして、それが行き過ぎると、

家計を逼迫するほど買い込んだり、ゴミ屋敷になるまで物を溜め込んだりする。

お金を借りてまで、買い物を続ける人もいます。

ここまでくると、生活のあり方を根本的に見直す必要がありますよね。破滅への道です。butsuyoku実際に、周りでそういう例を見たことがあります。

やはり例外なく、なにかしらの喪失感から買い物にはしっていました。

もちろん、自分自身にも身に覚えがあることです。

人間関係がうまくいかなかったり、仕事でストレスを抱えていたり、

誰にも相談できない悩み事を抱えていたり・・・。

やっぱり歯止めの効かない物欲は、自己不全感と深く関係してるんだな、と感じます。

物欲の出発点は、”我が身かわいさ”かも?

butsuyoku2物欲って、どこから来るんでしょう。

それは、「こんなにステキなもの、美しいものを自分の手元に置きたい」という心理。

そして、そのステキなモノに囲まれている自分を、自分で高く評価しているのです。

そのことによって、一時的ではあるけれど、心が満たされ、

自分自身までランクアップしたようなキモチになる。

でも実はそれって、ほんとマヤカシでしかないんですね。

ランクアップしてるどころか、むしろランクダウンしている。

「裸一貫」という言葉があるように、不必要に身を飾ることなく自分に自信を持てたら、

そのときこそ人として、確実にランクアップしている気がします。seichouこんなことを書いている私自身、まだまだモノに執着していて、

見栄っぱりなキモチに支配されている。

だからこそ、このマヤカシの自信を捨てるために、ようやく断捨離を始めたところです。

断捨離に成功したあかつきには、

私自身が少しでもホンモノの成長を遂げていますように。

そう願いつつ、私は今日もちょっとずつですが、断捨離道にいそしんでいます^^



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪