【断捨離で気づいたこと】断捨離に終わりはない!増え続ける”モノ”kidsuki

【生きていると増え続ける”モノ”、決してなくならない】

しばらく実家に滞在していた私。

家に戻ったら、モノが増えていてビックリしました。

「あれ・・・?家を出る前はあんなに片付いてスッキリしてたのに、

なんでまたモノが増えて散らかってるんだろう?」とフシギに。

片付けたはずの引き出し内や収納は雑然としていて、リビングもモノが増えてました。

それもそのハズ、私が家を空けている間に、

DMやらチラシやらおすそ分けやら粗品やら、

各方面からたくさんのモノが我が家に迷い込んできていました。

さらに、私が持ち帰った実家からのおみやげ物、チョイ足し買いした生活用品、

食料品や衣類などがプラスされて、家中がカオス状態に(涙)

せっかく断捨離が順調に進んでたのに、なんだろうこの有様。

やっぱり生きて暮らしている限り、どんどんモノは増えていくんですね。

しばらく住まいから離れてみて、改めて実感しました。

つまり、断捨離には際限がない、ということ。

断捨離がいったん一区切りしたとしても、またモノがどこからともなく増えてくる。

【ほんとうに断捨離が終わるとき=人生が終わるとき?】

souryo「断捨離が終了しました!」という文章をネット上で見かけることがありますが、

それはひとつの節目というか区切りみたいなモノなんだろうな、と思います。

もし「山奥に一人きり」みたいな外界と遮断された暮らしであれば、

断捨離の終了宣言もある意味、可能かもしれない。

しかし、人の世のあいだで生きているうちは、

誕生日や行事のたびに、物は人と人のあいだを行き来するものです。

私、今回の実家への帰省1回で、また持ち物がすごく増えました。

親が持たせてくれる食料品や衣類、生活の便利品。

できるだけ断ってきましたが、ふるさと小包のようにしてダンボールでまとめて

送られてきました。ありがたいです、親心。

しかし、「断捨離中の身としてはいかがなもの?」とも思います(笑)。

散らかる梱包材、出先でうっかり買い増やしてしまったおみやげ物、雑貨類。

またこれを断捨離しなおさなくてはならない。

けっきょく、本人の体そのものがこの世から消え去るまでは、

持ち物はいくらでも増え続けるんですね。

いや、むしろ死後も形見の品が残っていくのでしょう。

歴史的価値のあるものならまだしも、私の持つガラクタ的なモノなんて、

この世に遺したって意味がない気がしてくる(笑)。

「死ぬときは身ひとつで」なんてカッコつけたところで、

そんなのムリってコトが判明しました。うーん、どうしたものか。

我が家は子供のいない夫婦ですから、

もし財産が残れば(残ればね☆)親族に渡るようにする予定ですが、

できればしょーもない私物はこの世から極力減らしてから旅立ちたいものです。

それが、この世に遺していく相手への心遣いではないか、と思う今日この頃。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪