通路にモノがあるとこうなる!部屋の通り道にモノを置かないhako

【なんでも後回しにするクセ、百害あって一利ナシ】

断捨離をしていて、使ってないミシンを処分しようと思い立ちました。

コンパクトミシンですが、賃貸住まいだとけっこう収納スペースを食うんですね。

でも「いつかカーテンの丈直しで使うかも」「服がほつれたときのために」と

ついつい寝かせてしまっていた。で、いざ処分しようと思ったら、

実家の母が「捨てるんなら送って」と言ってきたんです。チャーンス!

mishin

ダンボールに詰めて郵便局から送ろうと思い、廊下に出しておいたんですが、

夫がそこを通るたびに大きく迂回しているのを見て、

「私物だし、郵送するまでは自分の部屋に保管すべきかな」と反省。

私室にズルズル引っ張り込んだはいいんですが、とにかくデカい。

私の狭い部屋だと、通路に置くしかないんですね。

で、部屋の出入りをするたびに私も迂回したり、ダンボールに足をぶつけたり。

早く郵便に出してしまえばいいんだけど、バタバタしててツイ後回しに。

早く手放してしまいたいのに、部屋にドーンと鎮座するダンボール。

だんだん小憎らしくなってきました。

【で、何が起きたかというと・・・】

darasinai

通路にモノがあるだけなのに、ものすごくグウタラになりました。

それまで、断捨離も順調に進んで、生活全般がキビキビと回り始めたというのに、

ダンボールが通路1つ占拠しているだけで、本来の無精な性格が目を覚ましたんです。

やっぱり、「生活動線を邪魔するものを部屋に置いちゃいけない」と痛感。

そのダンボールが1つそこにあるだけで、

お風呂に時間が遅くなり、部屋を出入りするのが億劫になり、

いろんなことが後手後手に。

生活パターンが100%崩れてしまい、

「このダンボールのせいだ!」と気づいて、あわてて郵便局に走りました。

そして、元の生活パターンが戻ってきた。

たかがダンボール1つで、生活動線が遮られ、余計なところにストレスが発生。

やっぱり、日々をスムーズに快適にノンストレスに送るためにも、

モノはできるだけ減らすべきだな、と反省することしきりでした。

もっと気持ちよく生きたいと思ったら、邪魔なモノをどかせばいい。

そう気づかせてくれた、母宛のダンボール。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪