「ハンガーの数をまず決めてから服の枚数を合わせよう!」計画

ずいぶん昔に買った100均のハンガー。(やたらカラフル)

「服をかけるハンガーが足りない!買って来よう」と大量買いしたときのもの。

もうね、発想がおかしい。服の数にハンガー数を合わせてどうするのか。

ハンガーの数に、服の数を合わせるべきなのに。

スポンサードサーチ

まずは服の数を数えてみよう!いったい何枚持ってるのか?

「ほどほど」と逃げ道を作っているとはいえ、ミニマリストっぽいブログを

書いているにも関わらず、私、服を数えたら60着もありました。

(これでも相当捨てたほう)

でも、通年で60着。コートやTシャツを含めて60着です。ってことは、

「季節につき15着ずつ」(※単純計算)ってことです。

わりと・・・頑張った?私。

何枚捨てたか覚えてないほどに断捨離しました。それでもまだこの枚数。

とはいえ、60着という数字は我ながらホクホクなのです。

断捨離開始以前は、どこに服をしまっているのかすら分からなくて、

クローゼットの奥に落ちてホコリだらけの状態で発見したり、

下着の引き出しになぜか服が混じってたりして、

服の総数を数えることすらできなかった。

しかし今では、手持ち服のすべてをハンガーかけ収納にしてあるので

春夏秋冬の服が、一覧で眺められるんです。衣替えも不要。

歩みは遅いながらも、服、すごく減りましたよ。

この達成感&沸き上がる自信・・・!

断捨離が少しずつでもうまく行くと、自己肯定感にも繋がって一石二鳥です。

⇒私が実践中の服の収納方法はこちら(別ページ)

ハンガーの数を決めて、服をそれに合わせるのもイイ

断捨離のプロフェッショナルの方たちは、1シーズンで3枚のみだったり、

すべて同じデザインだったり、同じブランドだったり・・・と徹底している。

ですが自分の場合、飽きっぽいのでテイストはバラバラ。

ただ、好みのコーデや形、色、長さなどには決まりがあるので、

死ぬほどミスマッチな感じにはなっていない筈(自信はないけど)。

しかし、このハンガーの色のバラバラ感はほんと見苦しいレベルなので、

服が減ったあかつきには、統一感のあるデザインハンガーに買い替えます。

(今は60着分のハンガーを新調するのがイヤ笑)

さて、服の総量って、一体どれくらいが適量なんでしょうか?

例の著書「フランス人は10着しか服を持たない」というのはどうも怪しいらしく、

実際は「1シーズンにつき10着では?」というウワサですよね。

ってことは、全部で40着がミニマリストとしては理想的なのかも?

私の場合はあと20枚減らせば、ミニマリストに近づける計算です。

・・・わりと現実的かも???

この調子で断捨離していけば、いつかフランソワみたく素敵になれるかもしれない。

そんな妄想をしつつ、明日からもまた断捨離道。

⇒「フランス人の服10着」説ってホントなの?の記事



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪