きったない消しゴムが発掘されたのでDIYで蘇らせてみました♪

 

あけましておめでとうございます。

 

2019年も無事に明けましたね。寒いですが、

お掃除も断捨離もほどほどに頑張っていきたいところです^^

(※DIYばっかりでなかなか片付かない)

 

今年もゆるゆると更新していきたいと思っております。

なにとぞよろしくお願いいたします♪

皆様にとって素敵な1年となりますように・・・

 

 

 

スポンサードサーチ

年末大掃除で発掘されたもの

 

 

きったない消しゴム×2。衝撃レベルです。

処分しようと思っていたペンスタンドの奥から発掘。

年代物かもしれません。熟成されたような風合いが・・・( *´艸`)

 

 

MONO消しゴムは大好きですが、これはもうなんだか

経年劣化というか、乾燥していて伸びがなく、硬い感じです。

(なんだか黄ばんでるし)

 

鉛筆の消し跡もすごくて、真っ黒になってしまっている。

「これはさすがに”捨て”かな・・・」と断捨離しようと思いましたが

おそらく乾燥してるのは表面だけで、内部は意外と無事そう・・・?

 

 

というわけでDIYで蘇生を試みる

 

 

私もたいがいモノ好きですよね。ちょっと触るのもためらうような

薄汚れた消しゴムに愛着を感じてしまう。

 

でも断捨離ばかりがいいワケじゃない。

もの(MONO)を大切に使うのもまた、ムダを減らす1つの良い習慣。

 

 

以前お買い物したときのPPの箱を切り出して、

ケースのないほうの消しゴムにあてがってみました。

 

 

カッターで切れ込みを入れて折り、セロハンテープで留めます。

これで、カサカサに乾燥した表面は保護できました。

 

さて、これを土台にして何を巻くか。

 

 

フェイクレザーの切れ端があったので、巻いてみたり。

こういうとき、小さな端切れも捨てずに置いておいたことが

報われて嬉しくなります。

 

ゴミにしちゃいたいような極小端切れ布なんかでも

いつ何時どんな場面で活きてくるかわかりません。

 

 

けっきょく、ネクタイの切れ端をグルーガンで巻き巻き。

 

 

 

箱のついてるほうのDIYは・・・

 

 

そのまま活用することにしました。リサイズ&カットののち、

これまた小さな端切れ布を貼り付けて・・・

 

 

雑ですが、ふたたびグルーガンにてチェック柄に仕上げます。

この消しゴム、傷みすぎて表面の手触りが悪かったのですが、

お洋服を新調してやると、ふわっとして温かみを感じるように。

 

 

さらにフザケて100均のプチリボンをつけてみたところ、

まるでお笑い芸人コンビのような人型に。

 

これは顔を描かねば・・・!

 

 

 

 

そして出来上がった漫才コンビ。どっちがボケ/ツッコミ担でしょうか。

 

 

あやうくゴミにするところだった消しゴム、復活(笑)!

さらに汚れたところ(頭部分)をカットしてみようかな。

 

 

↑この状態に比べたら、使う意欲も湧いてきますね。

 

 

 

 

断捨離をしてるとふと思います。

「はたして捨てまくって後悔はしないのか?」と・・・。

 

潔さと優柔不断のはざまで揺れ動く、2019初頭のフランソワなのでした。

 

「モッタイナイ…!」モノを捨てられず溜め込む人の共通点とは

期限切れの茶葉&茶殻活用♪古くなっても捨てないで

【どっちを取る?】断捨離への罪悪感vsモッタイナイ精神

【お悩み断捨離】やっぱり捨てにくい物10選

 


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪