「ミニマルライフは身の安全に繋がる!」と思うこと3選「なんで部屋をきれいにしなきゃいけないの?

自分の家の中のことだし、人の勝手じゃない?」

という人も世の中にはたくさんいらっしゃいます。

ミニマリストのあまりのブームに猫も杓子も断捨離・・・。

イライラして「私はマキシマリスト!」と公言する人もいます。

そうなんですよね、掃除しようがしまいが人の自由!

断捨離も、したい人だけがすれば良く、

したくない人は耳を貸さないのが一番です♪

断捨離は流行ワードではありますが、生き方そのものに通じるので

流されるのはあまりよろしくないかもしれません。

しかし、汚部屋よりは片付いた部屋のほうが気持ちいいことは確かで

そのほかにもさまざまなメリットがあります。それは、

”ミニマルライフが身の安全を守ることもある”ということ。

モノが多すぎたり、部屋が汚すぎたりすることで、

自分だけでなく、周囲の人の身の安全まで奪ってしまうことも。

①トラッキング火災を予防できる

トラッキング火災は、ミニマリストや断捨離流行に無関係に、

どこのおうちでも起こりうる火災です。家具の後ろでホコリだらけのコンセント、

長年差したままにしているコンセント、タコ足配線しているコンセントなどが

その脅威となり得ます。災害時などには、これが出火原因になることも。

焦げ付きぐらいで済めば幸いですが、大火災に発展すれば

周囲のおうちを巻き込んで、自分の首を絞めることにもなりかねません。

出典 http://toyokeizai.net

しかし、ミニマリスト第一人者の佐々木典士(ふみお)さんのおうちなら、

絶対起こりえない火災です(笑)。ただ、ここまでできる人は僅か。

私もこの境地には到底至りません^^

②地震の際にケガをしない

背の高いものがいけないわけではありません。

災害対策を取っていない背の高い家具などがマズイ、ということです。

東日本大震災の際、本棚から落ちた本で脚を打ち、しばらく生活に支障があった、

という声がありました。本棚に本をギュウギュウ詰めにしないで、

重い本は下に置き、上のほうの段はがら空きにできるくらい

冊数を減らすことができたらいいですね^^

また、基本ですが割れ物を棚に置かない、置くとしたら耐震するなどの

工夫は必須です。割れガラスで足裏を切り、地震で逃げ遅れそうになった人もいます。

③足元の安全を守ることができる

家具の角での小指の引っ掛け。

そして、画鋲、切ったツメで足裏を傷つけること。

思いがけないところに思いがけないものが落ちていて、それを踏むこと。

悶絶級に痛くて、地味にツライです。

私がよく過去にやらかしていたのが、服を散らかしているときに

その上をうっかり踏んだら、ボタンやジッパーなどで足をケガしたこと。

モノが多すぎたり密集していたり散らかっていたりすることで、

小さく尖った何かに気づかず、ケガをすることが多いです。

自分が部屋を片付けないために起きる痛みは、自分自身にイライラしますし

自業自得なのでどうしようもないんですね。

そうそう、昔、床に置いた服の下にコンセントの先があり、

ケガしたこともありました(けっこう激痛)。

どれもこれも、部屋がスッキリしていれば起きなかったプチ悲劇です。

こういう小さなことから改善することで、

心地よい暮らしは手に入ります。散らかってても生きていけますが、

”スムーズに生きてはいけない”ってことなんでしょうね^^



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪