”買うヨロコビ”⇒”お金を使わないヨロコビ”にシフトできたら最高

さいきん思うんです。

 

”お金を使うことが喜び”な人が、

急に”お金を使わなくても楽しい”というふうには

ならない、と。

 

自分の意志でそう思い込むことも難しいんだ、と。

 

 

お買い物依存の時期って存在するのかも

 

こないだ、かなり年下の女の子と話してて、

昔の自分と重なるようで、ちょっと懐かしくなりました。

 

 

というのも、その女の子は「家に服が山積み」なんだそう。

 

 

クロゼに入りきらないから床に服が散乱している。

似たような服は山ほどあるのに、次々買って

持ってる服の枚数とか把握してない。

買っても買ってもお買い物は楽しい。

 

クローゼットの奥から懐かしい服が発見されて

「うわ、こんなの持ってたんだ!懐かしい~カワイイ~☆」

みたいな新鮮なキモチに浸れるのだそう。

 

 

まんま、以前のワタクシ・・・( *´艸`)

 

 

やっぱり「買う」行為そのものにヨロコビを見出していて、

稼いだお金はほとんど服やバッグに費やしてるみたいです。

 

やっぱり女性って、ある時期必ずそういう

”モノを買うヨロコビにどっぷり浸る”ように

出来てるのかな?と思ったり。

 

 

人生で一度も「お買い物大好き期」が訪れない女性って

いるんだろうか。

私の周囲には、ウワサには聞くものの

実際に遭遇した試しがないんですよね。

(※一人だけ、服をいっさい買わず貯蓄してる人がいた)

 

 

”買うことが楽しい時期”って自制ができない

 

私自身、お買い物依存の時期が今までの人生で

何度かありましたが、それを脱するのってけっこうツラくて、

いくら買うまいとしても、物欲が自制できないことが多々ありました。

 

そんなときは自己嫌悪もあって、

「よし!お金を使わなくても楽しめる自分になろう!」

と必死で思い込むんですが、

ホンネのところは「やっぱり買いたい」。

 

 

「買うヨロコビ」を「貯めるヨロコビ」にシフトしようとするも失敗。

手元にお金が貯まることよりも、

手元に素敵なお洋服が溜まることのほうが数倍嬉しくて、

ネットSALEに齧りついたり古着屋めぐりしたり。

 

考えたら、お札が貯まったところでお金ってかさばらないし、

お金は何にでも化けることができるのに、

 

お金をお洋服に換算してしまったら、

かさばる上に、服以外の価値に昇華することはない。

 

 

つまり、オカネはオカネの形のまま保管するのが

将来、服以外のいろんな可能性に繋がるんですよね。

 

 

そういうこともここ1年くらいでひらめいたことで、

それまでは、そういう発想すら自分の中になかったんです。

 

 

これは年の功かもしれないし、断捨離による意識改革かもしれないけど、

「モノを買わず、お金を使わないことのほうが自分にとって価値がある」

とココロから感じられたら、

断捨離を繰り返すようなモノの増やし方にならないと思うんです。

 

服を買うことが漠然と「楽しい!」って感じてるうちは、

買い控えは難しいのかもなぁ・・・って思います^^

 

女性は年若いうちは”自分を服で飾ること”が楽しいし、

お買い物で女性ホルモンが安定したりするのかもしれない。

 

なので、物欲に対してあまり否定的になるのも

どうなのかなぁと思うこともあります。

 

服をたんまり買うことで、心の鬱憤を発散させて

精神のバランスをとることだってありますよね、無意識に。

 

 

自分にもそんな過去があったので、

その年下の女の子を見ても、否定的な気分にはなりません。

 

 

 

・・・と思ってたら、ある日その子も断捨離を決行してました(笑)

何か心境の変化があったのかも^^

 

 

年齢や経験とともに、みんなモノを買うことに対して

試行錯誤しつつ、自分らしい暮らしを見つけていくのかもしれない。

 

そうこうしているうちに、オカネを使わないことのほうが

悦びになっていくのかもしれません。年齢もあいまって。

 

 

【ヤバイ】また物欲期がやってきた・・・なぜ?ストレスのせい?

モノを溜め込む人は”寂しがり屋”?捨てられないのは寂しいから

「物欲」をはじめ「欲」を持つことはヒトにとって”悪”なのか?

 

 

 

 


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪