洗えない毛足の長いマットはどう掃除するの?水拭きOK?

”ウォッシャブル”がいかに偉大か、気付いたのがこのマットの汚れでした。

床にじかに敷いているマット、たとえば

洗面所とかトイレとか玄関とかキッチンのをいざ洗おうとしたら、

表示に「丸洗いは避けてください」などと書いてある。愕然としました。

私はガンガンに乾燥機付き洗濯機で丸洗いしようと思ってたのに、

「熱乾燥は絶対にダメ」という注意書き(変形するそうです)。

通販購入で見た目だけで買ってはいけなかったんですね~。

「じゃあ、どうやってこのキッタナイマットをお掃除すればいいんだ!」と

慌てましたね。とくに毛足の長いものは、内側に汚れが入り込んでいるし、

キッチンマットに至っては、油ハネやら野菜くずの切れ端やら、おそらく

とんでもない汚れ量が挟まっていることでしょう。悪臭のもとにもなる。

でも、フワフワしててなかなか「よし!洗うぞ!」という気にならなくて・・・。

じつは、マットは濡らしてもOKらしい!

なんだか、しっかり植毛されているマットって、濡らしてしまうと

「半乾きになって余計に汚れそう」「カビが生えそう」などなど

ためらってしまうことがあります。でも、実は濡らしても問題ないのだそう。

あとでしっかり乾かせれば、濡らすことはOKなんですね^^

まずは大きなゴミ&ホコリ取りから。私はガムテ&掃除機で吸い取りました。

足元マットってよく見ると膨大なゴミ&頑固な汚れが付着しています。

スリッパ裏の汚れとかすべて巻き込んで、絶対不衛生。なのに放置気味でした。

マットのお掃除には、重曹が安全&オススメ

洗剤がマットの奥深くに残るのをイヤがる方も多いことでしょう。

私もその一人。足で踏む場所だし別にいいっちゃいいんだけど、

なんとなくイメージ的なもので・・・。というわけで、重曹なら

口に入っても大丈夫なものだし、悪臭や除菌などの効果も見込めるため

いきなり直接マットに振りかけちゃいます♪そして、

毛足の中のほうまで重曹粉を入れ込みます。このとき、ゴム手をすると

奥まできれいに押し込むことができます。これ、けっこう勇気いりました。

粉をマットにブチまける・・・普段あり得ないことなので。

で、重曹って触れている面をきれいにしてくれるとのことで、

数時間とか半日とかそのまま放置後、

掃除機で吸い取るだけ。簡易のお掃除なら、これで十分です。

また、ぬるま湯で溶いた重曹水を霧吹きで吹きかけて、

雑巾などで拭うのもいいかも?油汚れがどこまで取れるかは謎ですが^^

さいきんではキッチンマットを置かない、または布製のマットを使わないなど

お掃除のしやすさの観点からマット選びする人も増えているそうです。

私は足元の冷え対策や油によるすべり止め対策でマットを使ってますが、

手持ちのものが劣化次第、毛足のないものにチェンジしていこうかと画策中。

見た目もスッキリミニマルになりそうですよね♪

◆関連記事◆

⇒リモコンの手あかってどうやって掃除するの?

⇒ベッドマットの湿気ってどうしてる?その対策

⇒シャンプーボトル底のヌメりって気になる・・・

 



買取査定も良いですが、断捨離にはメルカリが一番融通がききますね。匿名で簡単です♪

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪