増えゆくコレクションや宝物の収納&断捨離ってどうしてる?

断捨離してても「これだけは手放せない!」ってモノが出てきますよね。

いったん”断捨離迷いBOX”なるものを作り、一時保管しておく人も多いそうですが

始めたばかりのコレクションやハマったばかりの趣味、作ったばかりのプラモ・・・

思い入れのあるモノを、そうやすやすとは手放せないものですよね。

執着と愛着とは、またベツモノ。そして自分にとってすごく大切なモノは

どんどん量的に増えちゃう傾向。これをどうするか。

my宝物BOXを作ろう!

ここでいう”宝物”とは、高価なものや価値あるものではありません。

自分にとっての愛着の深い、捨てられそうにないモノのこと。

ミニマリストとは、「持ち物を減らす人」という意味ではなく、

「自分に必要でないものを手放す人」のことを指しますよね。

(※単純にモノの少ない人=シンプリスト)

なので、「必要なものだけど・・・捨てちゃえ!」と無理に捨てることはない。

ですが、それらの持ち物に振り回されたくはない。

その「せめぎ合いの気持ちが断捨離行動」だ、と私は考えます。

(自分にとって、自分の暮らしにとって、これはプラスかマイナスか?)

と自問自答しつつ持ち物の数を調節していく作業こそ、断捨離ではないでしょうか。

ですが、宝物をすべて置いておくわけにもいきません。

たとえばコレクション趣味のある人が、長年かけて集めた思い入れのある品々を

すべて捨てられるわけでもなく、かといって置いておけるわけでもない。

自宅の収納スペースは有限で、そのサイズに持ち物を合わせていく必要がある。

というわけで、作るのが宝物BOXです。

宝物BOXの収納量を超えたら断捨離

この宝物BOXは、どんなサイズでもいいですし、

箱状でなくたって、袋状でも引き出しでも1スペースでもOK。

膨大なコレクションなら、衣装ケース3つなんてことになるかもしれませんが、

自分なりに「自分の住まいにも、このくらいならムリなく置けるぞ」という

量を見極めて、BOXを作ります。そのBOXは、不可侵の聖域。

家族にもママにも子供にも触れさせません。もちろん捨てさせもしない。

ただし、その域をはみ出す量に達したら、不要なモノを見極めて断捨離する。

そのためのBOXの存在です。

コレクション趣味は一般的に男性のほうに多くみられる傾向。

奥様やお母さまが「どうにかしてよ!狭いんだから!」とつい思ってしまうほど

溜め込む方も多いです。我が家でも夫の作ったプラモが、リビングにまで進出。

”趣味のものは自室まで”という我が家ルールすら、最近無視されつつあります。

ですが、不可侵の宝物BOXを作り、そこから宝物がはみ出なければ、

同居する人たちも安心。「部屋が狭くなる!」と怒ることもありません。

 

断捨離が進むごとに増える収納ボックスの罠・・・!

「収納用品を増やせば片付く」という思い込みは大間違いだった!

「物欲」をはじめ「欲」を持つことはヒトにとって”悪”なのか?

【振り回されない人生】自分を統制することですべてが好転する!?

 

 


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪