ホンモノの幸せはモノに埋もれてしまったのかもしれないshiawase

【ほんとの幸せはモノに埋もれてしまったのかも】

さいきん、暮らし方を見直す人が増えています。

モノが溢れ、生活が満ち足りすぎて、幸せの本質が分からない。

そんな漠然とした思いを、多くの日本人は抱えているのかもしれません。

物資不足の戦後は、しゃかりきに働いて、とにかくモノを得ることが第一でした。

そのとき日本人が無意識に追及していたのは「マキシマリスト」でしょうね。

「持てるものをできるだけ持ちたい」という欲求。そのときの対象は食料や衣服だったでしょう。

そして、経済成長で趣味などに打ち込む余裕ができた日本人は、

さらなるマキシマリストに変わっていく。そのときの対象は、リッチな暮らしに関するもの。

高級車、便利家電、広い土地と大きな家、オシャレや趣味。ペット・・・。

でも、そんなものも皆当たり前に持っていて、ありがたみが失われていきました。

「ほかの人よりもいい暮らしがしたい」、そんな比較論で幸福を語れなくなってからは、

日本人は「手放すこと」を考え始めた。それが断捨離ブームだったと思います。

そして、他人と比較することに意味が見いだせなくなると、

「なんだ、意外とモノがなくたって生きていけるじゃないか」

最低限の持ち物で暮らすことに幸せを見出す人々が出現しました。

この人たちが最初のミニマリストだったんじゃないかな?と思います。

【幸せは物欲で満たされないと気づく】

shiawase2

ステキなものを買う、手に入れる。これってすごく楽しい行為です。

「あっ!これカワイイ」「欲しい、手に入れたい」と思う気持ちは本能的で自然。

で、それに従って、私もモノを大量に集めてきました。

流行りのバッグを持ってると「それどこの?可愛い!」と言われてちょっと嬉しい。

お部屋に招くと「インテリアがステキ」と言われてちょっと嬉しい。

自分の趣味も兼ねて、そんな褒め言葉の嬉しさも手伝って、どんどんモノを増やす。

でもね、モノを手に入れた幸せ感って、長持ちしないんですよ。

昔どこかで見たフレーズ、『幸せって、雲をつかむようにほんの瞬間的なもの』というのを

そのまま体現してるような感じ。

「欲しいものを手に入れた、やったー♪」と内心小躍りしてる時が最高潮で、

あとはスーッと冷めていく。そして物足りなくなる。また物欲を満たす・・・。

そんな無限ループで手に入れたモノの山を見て、

「ああ、なんてムダなことをしてきたんだろう、ほとんどがゴミの山だ」とつぶやく。

そこで、断捨離を思い立つんです(私の場合はですけどね^^)。

もちろん、年齢的なものも大きいと思います。

自分を飾り立てて輝く年齢は過ぎたな、とも思いますし、

(でもまだ可愛いものは大好きですよ!若作りもしたいし笑)

彼氏を作る、モテる、なんてことにも無縁。そうなったら、

今度は「自分の心地の良いスタイルでいこう」というふうにシフトし始める。

それが私の場合、ミニマルライフだったんでしょうね。

でもまだまだ途上です☆捨てるものは家に山ほどありますし。



買取査定も良いですが、断捨離にはメルカリが一番融通がききますね。匿名で簡単です♪

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪