捨てるばかりが能じゃない!服を捨てなければ買わずに済む・・・!

断捨離において、”捨てる”ことはキホンかもしれません。

でも、”モノを大事にする”ことで、新しいものを買わずに済むのなら

それはそれでOKなのではないでしょうか。

というわけで、”捨てない”視点から、今日は『捨てよう(売るor譲る)と思った服のリメイク』

やってみたいと思います。縁あって手元にあるお洋服。できれば活かしていきたいもの。

【今はやりの長め丈のシャツ。しかし・・・】

現在、ロングカーデ&ロングシャツ旋風です。

ヒザ下くらいまでの長めのレースカーデを羽織っている人を巷でよく見かけます。

私は去年、1枚ストライプシャツを処分したのですが、

やっぱりストライプシャツが好きで、似たようなのを去年再び購入。

(けっきょく自分の好きなテイストって決まっている)

しかし、あまりに丈が長い・・・!ワンピースにしても長すぎるレベル。

裁縫がニガテで、ミシンすら手元にない私は、

「まつり縫いで裾上げするか・・・」とちょっと億劫でした。

頑張ればできなくもない、ですが強度や腕前に自信がなく、

つい先延ばしにして、クロゼの肥やしと化していました。

でも、今年こそ着たい。どうにか捨てずに着たい。その一心で、

思い切って裾をカット!自身を追い込んでみました。

立体裁断のシャツの裾上げって、プロにお願いしないと変になってしまう。

このシャツは末広がりなので、ラウンド気味にカットしないと布地がひきつる計算です。

しかし、幸いにも深いサイドスリットが功を奏してくれました。

下から測り切りで、ダイナミックにカットしちゃいました(ほつれまくり)。

【さらに、奥の手を使う私⇒布ボンド「裁ほう上手」活用】

ボンドさんから出ている「裁ほう上手」という便利アイテム。

アマゾンなどでもスマッシュヒットした主婦の味方グッズです。

強力な布用ボンドで、ヘタにまつり縫いするよりはおそらく強度も保てます。

バッグの持ち手やパンツの裾上げなども自由自在です(お洗濯もOK!)

「裁ほう上手」という名前ですが、裁縫の技能は無関係です^^

まるで工作。くっつけたいところにヌリヌリし、アイロンでぎゅっと押さえたらOK。

布にカタを付けるヘラやアイロンなどで折り目をつけ・・・

専用のヘラ(※なぜか見当たらなかったのでダンボールで代用)で薄く布に伸ばします。

ボンドは均一に塗ったほうが、アラが出ません。乾燥後の白い粉も出にくい。

ボンドは染み出しますので、当て布や下敷きの布を用意するのがいいかも。

ボンドというと瞬間接着剤を想像して怖いですが、手についても

洗えば落とせるような粘性ボンドなので大丈夫です。

このとおり、簡単に裾上げ完成。我ながらきれいに仕上がって満足です。

ほつれた裏の部分には、”ほつれ止め液”を塗ればOKです。なんと便利な時代・・・!

今日さっそく、圧着後これを来て半日外出しましたが、

ボンドが取れることもなく、快適に過ごせました。

似合わず処分する予定のお洋服、手を加えて復活させられて良かった♪

リメイクしたことで愛着も湧き、自分に似合う丈に作り変えることができました。

モノを大事にできた今日は、すごくいい気分^^捨てるよりも気分がいいです。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪