ミニマリストになるためにはまず何をすればいいの?hatena

【ミニマリストになりたいけど、どうすればいい?】

TVの向こうのミニマリストを見て、

「スゴイ!あんなふうになってみたい!」と思う人は多いハズ。でも、

どこから手を付けていいのか、何をすればいいのか。

ミニマリストは”最小限主義”という意味で、

自分にとって必要なモノしか持たない人を指します。

最終的に住む家まで手放す人もいるほどで、そこまで行くとサバイバーになってしまいますが

人間、寝食に困らないだけの環境があれば、意外と生きていける生き物です。

なのに、ほとんどの人は、多すぎるモノに囲まれた生活をして、

「片付かない、家が狭い」と嘆いている(過去の私です。もちろん現在もまだまだ)。

モノの多さに振り回され、なんとなくイライラする、ストレスがたまる・・・。

そういう生活に嫌気がさした人こそ、ミニマルライフのはじめ時。

まず手始めに、何から手を付ければいいのか、どういう気持ちで取り組めばいいのか、

いくつかポイントをまとめてみました。

【ミニマリストになるためのポイントとは?】

ミニマリストになるためには、精神&実践、どちらが欠けてもいけません。

ミニマリスト魂を維持しなければ、ただのお片付けになってしまいますし、

気持ちばかり先行しても、現実にモノが減っていかなくては意味がない。

精神&実践を、同時に充足させていかなくてはいけない。これが難しいところですが、

ミニマリストを目指すとっかかりとして、私が大事だと思うポイントを挙げてみますね。

◆まず一ヵ所をキレイにする!

まず目につくところで狭い一ヵ所(たとえば今あなたが向かっている机の上)に

乗っているものの中で、不要なものを捨ててみてください。(=断捨離)

住まいって広いので、どこから手を付けていいか分かりませんが、

まず目の前で「モノが多いな」「散らかっているな」というスペース1ヵ所を

ピンポイントで断捨離してみましょう。徹底的にです。

「全部必要なモノなんだけど・・・」と思っても、よく見たら長らく手を触れてないものが

けっこう置いてあるはずです。で、そこがピカピカになって

「ああ、不必要なモノがない状態って気持ちいいんだ」という気持ちが芽生えたら、シメたもの。

机の隣のピンポイントスペースも、続いて片付けてみましょう。

そうして、”モノがない状態”を「気持ちいい」と感じる連鎖が始まったら、

それが断捨離の始まりです。

◆「デモデモダッテ」の言い訳を捨てる!

モノが多い人は総じて、『言い訳が得意』です(私のことですが笑)

「これ、たしかに長年使ってないよ?だけど、記念日に大事な友達がくれたものだし

簡単に捨てるわけにはいかない。だって、友達の気持ちがこもってるのに・・・」

「捨てたいとはずっと思ってるよ。だけど、これ高かったから・・・品質もいいしね」

「”痩せたら着る”っていうモチベーションのために取ってある服だから今は捨てたくない」

と、自分自身に言い訳を繰り返す。思い当たるフシはないでしょうか(笑)

そういう「デモデモダッテ」の言い訳を並べているうちは、ミニマリストを目指せません。

で、これに続くのが・・・

◆捨てるか否かを瞬時に判断する!

⇒コレです。言い訳をする時間を自分に与えない(笑)。

「捨てるか捨てないか」をじっくり検討するのもいいんですが、

検討しすぎて迷いが生じる。そして自分への都合のいい言い訳を編み出してしまうので、

だったら瞬時に決着をつけよう、というものです。

0秒とはいいません、3秒~5秒くらいで捨てる/捨てないを決定する。

これ、けっこうツライです。愛着の深いものとお別れすること。

身が切られるように痛い。縁あって我が家に存在するモノ、頂きもの、

思い出の品・・・どれも捨てるのが怖い。お別れが寂しい。

でも、この痛みこそ、次のお買い物の慎重さに繋がっていき、いい循環を生み出すのです。

◆モッタイナイ精神を利用しない!

「日本人の美徳”モッタイナイ精神”を捨てろっていうの?親にずっとそう教わってきたのに」

と私自身、モノが多い理由を上のように思っていました。

私はモノが大好きで、モノを大事にしています。結果、物持ちがすごくいい。

それをホメられることも少なくないです。小学生の頃の裁縫道具をまだ使っています。

でも、モッタイナイ精神って諸刃の剣でもあります。度を超すMOTTAINAIは害悪です。

貧乏性とも紙一重です。周囲をドン引きさせるほどにみみっちいのは「ケチ」とも言える。

部屋にモノが増えて、身動きが取れなくて、

いつも探し物をしている労力&時間。そのほうがはるかにMOTTAINAIです。

・・・と、上記は私の課題でもあり、自分に言い聞かせるべき内容だったりするんですが(笑)。

ちなみに私、今これを書きながら、PCデスクの上の不要なものを処分しました。

3つもあった消しゴムを1つに。景品の、可愛いけど書きづらいボールペンを処分。

「まだ使える」「モッタイナイ」という言い訳の時間を与えずに、即断捨離しました。

視界が散らかっているというのは、自分が思うよりも大きなストレスになっています。

なので、まずは目の前のものから断捨離してみませんか?

ミニマリストの第一歩は目前のものから始めましょう^^



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪