ミニマリストの薬箱ってどうなってるの!?常備薬も置かないの?kyuukyuu2

【ふたたび薬が増殖中!いったん断捨離した薬箱が・・・】

以前、ここで薬の断捨離ブログを書いたことがあるんですが、

そのときは「うわぁ、すっごく薬減らせたなあ」と思って喜んでたんです。

でも、さいきん季節が変わって、体の不調が出てきたり、

なぜだかケガが増えたりして、薬をまとめ買いすることになりました。

で、ドラッグストアに必要なものだけ買い出しに行ったんですが、

予想以上に薬や医療用品が増えてしまって、なんだかショック★

そこで、思ったんです。

ミニマリストさんって、「常備薬とかどうしてるんだろう?」と。

ミニマリストの佐々木典士さんの本だと、「街のお店が在庫倉庫みたいなもの」という

画期的なことを仰ってましたが、やっぱりその都度、薬を買いに行くのって、

それこそミニマルじゃない気がしたんですね。

ケガや病気のたびに、足しげくドラッグストアに通うのって、

ムダな動きのような気がしてきまして(笑)。。

で、けっきょく私の場合、

UV用品、日光かぶれの軟膏、

アレルギーの目薬や洗眼薬、足裏のトゲ用(刺さりました)のスピール軟膏、ピンセット、消毒液、

アレルギー鼻炎用の点鼻薬、鼻うがい薬を購入したら、もう薬箱がいっぱいに!

で、思ったんです。体が弱かったり、女性性だったりすると、

「薬箱をミニマルに保つのが難しいんじゃなかろうか?」と。

【でも女性の方にもミニマリストさんはいっぱいいるんだよなぁ】

kyuukyuuミニマリストというのは、基本の考えが「備えなくても憂いナシ」だと思います。

なんでも身近で物品が事足りる便利な世の中だからこそ、

「不安に先立ってイロイロ買いそろえる必要はない」という感じ。

そう、私もそういう意見を目にしたてのころは、

「そうだよね!なんて潔い意見なんだ!」と全力で共感してしてました。

でも、私はけっこう備えたい(とくに薬系)ほうで、体の不調があると、

「すぐに手近な常備薬で治したい!」と思うタイプです。

だって、体の不快を感じてからお薬調達に行くのって大変。

たとえば、風邪ひいてダルダルなのにドラッグストアに向かうとか、すごくツラい(笑)。

やっぱり、「喉が痛い」と思ったら喉ぬ~るスプレーやイソジン、

「胃が不快」なら胃腸薬。すぐ取り出したいんですよね~。

なので、ミニマリストの方々は、

毎回体調不良を押して、ドラッグストアに駆け込むんだろうか・・・

ふとギモンに思ってしまいました。

first-aidやっぱりミニマリストさんでも、基本の救急セットくらいは常備してるのかな?

身近にミニマリスト生活を送っている人がいないので、わからない。

私、今回足裏にトゲを刺してから、

「ああ、先の尖ったピンセットがない!」歯噛みする思いでした(笑)

あと、ほかに女性は夏場、肌をUVから守らねばなりません。

女性は男性より角質が薄いので、美容のためというよりも健康のために、

肌をプロテクトする必要があります。(←ここですでに男女差が!)

やっぱり、男性よりも女性のほうが医療用品や健康用品の増える傾向にある。

それは間違いない気がしてます。

一般的に、”男性よりも持ち物の多いとされる女性”というのは、

ミニマリストに不向きな性別なのかもしれない。

あふれかえる薬類にウンザリしつつ、そんなことを考えるほどほどミニマリストなのでした。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪