持つべきモノは人数分だけ!でもなぜか増殖するモノってあるよねgenkan-kutsu

【「大家族!?」と見まごうような玄関の靴の数(笑)】

家の中って、いつも見慣れている光景だからこそ、

客観視できない場所でもありますよね。

ある日、しばらく家を空けて後日帰宅し、玄関を開けた瞬間、

靴の数の多さに唖然としたことがあります。(これ、けっこうあるあるかも?)

我が家は二人暮らしのこじんまりとした所帯。なのに、

「一体何人住んでるのか?」てくらい靴が溢れていた。ビックリしました。

そうして、あちこち家の中を客観的に眺めてみると、

どう見ても2人暮らしのモノの数ではないような

数量オーバー気味の箇所がいくつも見つかった。

たとえば、お箸の数。「ここは定食屋か!」ってなレベル。

何揃えもあります。「この柄、可愛い♪」と旅先やスーパーで買い足していったら

まるで大人数ファミリーみたいな数になっていた。で、ボロいものは断捨離しまして、

今は夫と私とあわせて6セットにまで減らしました。

(洗い替えを考えたら4セットでもいいかもしれない)

あと、お皿の数。食器もいつの間にか増殖するものの定番ですね。

パーティーできるくらい、お皿がたくさんあるんです。(料理もうまくないのに)

スプーンやフォークも大小揃えであふれるほどあります。

コレクションしている感じで、柄のカタチとかそれぞれ違うんです。

マグカップも多い・・・ああ、断捨離したい。もっとモノを厳選して減らしたい。

【次いで気になるのがタオル!ファブリックも場所を食う】

towel

もうね、タオルもどこまで増えるのかってくらい増えていくんですね。

現在の住まいに住み始めたころは、それはそれはスッキリしていました。

2人分だから、フェイスタオルなんて10枚もあれば足りていた。ところが、

けっこうタオルって頂きものが多いんです。

引っ越しのご挨拶に頂くタオル、年始の景品で頂くタオル、

「安かったから買っといたよ」と実家から送られるタオル。

ときにギフトや抽選で増える高級タオルもある。

いえ、もちろん貰ったときはすごく嬉しいんです。役立つし、

趣味のモノよりも実用的でありがたく感じる。だけど、だけどなんです。

最初は色柄をシンプルに揃えていたタオルも、今ではボーダーや水玉、

キャラクターものなど、さまざまな色に溢れている。

しかも雑巾にするにはまだ早いほどキレイってことで、

結局保管していって置くところがなくなってきます。

今、洗濯機の天板にまであふれているタオル。これ、どうにかせねば・・・!

もうお風呂屋さんとか経営できそうです。このタオル枚数。

自分に言い聞かせたい。「我が家は2人暮らしなのだ」と。

持つべきものは人数分の最小限。それがミニマリストの鉄則です。



買取査定も良いですが、断捨離にはメルカリが一番融通がききますね。匿名で簡単です♪

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪