【思考回路もミニマル】シンプル脳最強?考えすぎても何も変わらない

【考えすぎ・悩みすぎは百害あって一利なし】

「深く考えないバカが最強」とホリエモンこと堀江貴文さんが仰る。

ホリエモン氏の思考回路って、いたってシンプルです。

堀江さんて、以前はバッシングイメージしかなかった方ですが、

その思考法を知ることで「痛快で面白い人だなぁ」とイメージがガラリと変わります。

もともと頭の回転が良すぎて常人には追い付けないところもあるけど、

シンプルな思考法に関しては、数パーセントくらいはマネできるかもしれない。

「ミニマルな思考回路ってこういう人のことを指すのかな」なんて思います。

そんな私自身は、けっこうクヨクヨしちゃうほうです。すごくムダに思考を消費してます。

アタマでっかちに考えすぎて、その場から動けなくなる⇒自己嫌悪のループ。

ですが、さいきん”できるだけ無思考”を心掛けるようになってからは、

だいぶ楽に生きられるようになってきました。

そういえば「0秒思考」という本も話題になってましたよね。

こういう考え方のできる人は、本物の頭のいい人だと感じます。

私みたいに「本をこれだけ読んだ」「資格をとった」というだけで、

自分のアタマがランクアップしたような勘違いを起こさない(笑)。

知識や情報を得た上で、それを自分なりに昇華して吸収できるのが

抜きんでた人の証拠。そして、そういう人はみんな決まってミニマル思考です。

【思考回路が端的、だから違う】

「勉強ができる、学歴がいい」という頭のいい人がすべて、

ホリエモン氏みたいにはならないんですよね。何が違うのか。

やっぱり、”発想する⇒動く”までの思考距離が最短ルートなんだと思います。

自分なんて、「そうだ、〇〇をやろうかな」と良案を思い描いたとしても、

そこからウダウダ考えすぎ、悩みすぎて、結局動けない。辞めてしまう。

人目が気になる、親が嘆く、気恥ずかしい・・・などなどアレコレ考えちゃって

実際には一歩も踏み出せてないことが多いです。これも、思考回路がミニマルでないため。

ホリエモン氏が”最短ルートでモノを考え行動に移す”とすれば、

自分のような小物は、

”う回路をグルグル回り、高速に乗って道を間違え、また家に戻っている”

みたいなイメージなんですね。

「けっきょく家から出てないじゃん!」ということになる(笑)。

つまり、現実には一歩も動けていないので、現状打破できていないんですね。

だったら何も考えない、または最低限の思考回路しか使わないほうが

よほどエコでスマートです。頭の良し悪しはまったく関係なく、

そういうシンプル思考に切り替えていけたら、もっと充足して生きられる気がします。

「刺激が欲しけりゃバカになれ」(オレンジレンジ)という歌詞そのまんまに^^



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪