ベッドルームに余計なものを置かないほうがいい理由bed

【ベッドルームって明日への活力を作るためのお部屋】

寝室、ベッドルームって、たいていの人は自分の部屋であることが多いですよね。

自分の部屋は、趣味や私物の収納場所でもあるけれど、

質の良い睡眠をしっかりとって、明日への備えをする場所でもあります。

私にはそういう視点はなかった。ベッドルームはただのベッドルームであり、

”自信のプライベート空間”くらいの認識しかなかったんです。

だから、好きなものをたくさん飾り、好きなものに囲まれて1日の終わりを過ごしたい。

そんな認識しかなかったんですが、

「ベッドルーム=神聖な場所」と捉えれば、ガチャガチャとモノを置くのは

あまりよろしくないのかもしれない。star風水やスピリチュアル的なものを信じる・信じないは別にして、

眠る前のひとときを雑多な部屋で過ごし、眠るのは

明日への活力に繋がりにくい、ということです。

あるミニマリストの方いわく、「眠る部屋にいろんなモノを置いていると、

それに気を取られて、眠りをおろそかにしがち」とのことでした。

睡眠をとるための場所は、睡眠に集中できる環境が望ましいそうです。

「そっか、そういう考え方もあるのか・・・!」と目からウロコでした。

【そういえば自分にも経験がある!散らかった寝室で・・・】

bed2「明日から仕事」という日曜の夜、明日の服や持ち物の準備をしようとしたら、

ベッドサイドに漫画が積んであるのが目に入り、「ちょっと読んじゃお♪」と手を伸ばしたら、

一冊まるまる読んでしまい、夜更かし。

これもけっきょく、モノが散らかってるから起きることで、

もしスッキリ片付いてたら、わざわざ漫画を取り出してまで読まなかったと思うんです。

もちろん、ムダな動きをいっさい排除してしまうのも堅苦しいけど、

ムダな動きが多いのを自覚しまくっている自分としては、

「ああ、だから寝室ってキレイにしとかなきゃいけないんだな」って思いました。

また、寝ているベッドまわりにたくさんのものを置くことで、

入眠が阻害されることもあるのだとか。

たしかに、ビジネスホテルの何もない部屋って、ほんとに眠りを取るのを第一目標

作ってある気がしますよね。ほんとに余計なものが何もない。

まああそこまでいくと味気ないけど、今自分のベッドまわりを眺めてみると、

香水瓶や雑貨小物、雑誌や漫画などがトコロせましと置いてある。

別に”そこに置かなくてもいい”モノがたくさん置いてあるんですね。

「これ、眠りに集中できる環境じゃないな」と反省。

寝る前のスマホもやめたいので、電源ごと遠くに置こうかと考え中です。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪