部屋にモノが多いと”G”を取り逃がすことが判明・・・!

部屋にモノが少ないメリットはいくつもありますが、

このたび、さらに

「部屋に出没する不快害虫を取り逃がさない」という夏のメリットが

あることに気づきました。しかも、

いちばん遭遇したくない虫NO,1(※自分比)の黒く素早いアイツ、

”G”を見失わないというメリット・・・!

【築30年以上の実家にて今年初遭遇】

私が出て行った後の実家の私室は、すでに半物置と化しています。

そこに数日前出くわした”G”。もう発狂寸前でした。

人類の長年の敵ともいわれる”G”は、我が物顔で私の目の前を

横切ったのです。湧き上がる怒り・・・そして恐怖。絶望。

◆G対策を練ろう◆

まず、Gは一体どこからくるのか?

それは①屋外②屋内 この2つです(当たり前か)。

屋外から入ってくるGは、ある程度仕方がない。

窓のスキマすら、BODYを扁平にしてすり抜ける奴らですから、

単体で屋外から紛れ込むこともあります。泳ぐこともできるので

排水口から上ってくることもあります。

問題は、家の中で定期的に発生するG。

家の中に巣をつくっている場合、根絶は難しい。

プロにお願いするのが一番。しかし、素人でも絶対数を減らすことはできます。

【まず、部屋の中のモノやゴミを減らそう】

私が遭遇したのは、パソコン横のゴミバコ近くでした。

捨てたお菓子の袋などから、いい匂いがしていたんでしょう。

暗い部屋に電気をつけた瞬間、Gと目が合ったんです(発狂)

そっと近づき、●キジェットプロを構えましたが、その瞬間姿を消しました。

それもそのはず、

母親が配線ケーブルを紙袋に突っ込んだりして、死角だらけ。

Gの隠れるスキマが、死ぬほどあるのです。

アヤツに有利な状況を許した自分に喝。ほんと、この部屋はモノが多いです。

もしこの部屋がミニマリストさんのような何もない部屋だったら、

Gが出没したところで、絶対逃しようもない。

それに、Gも相当頭がいいので、モノのない部屋にわざわざ出没しようなんて

絶対に思わないはず。居心地がいいから、住んでいる訳です。

けっきょく、私はこの数日間、Gと部屋を共にしています・・・不覚すぎ><

夜になると、「いつ壁を這うのか」とヒヤヒヤします。

そこで今、私がしているG対策は、

◆ゴミ箱のゴミ袋は口を締めて寝る(こまめに捨てるのもOK)

◆水気を置かない(Gは水がないと生きづらい)

◆湿気をとる(”強”で除湿するだけで出没しにくくなる)

この3つです。

それでも、夜を同じ部屋で過ごしていることに変わりはないんですけども。

Gは、髪の毛1本を食べて3日生き延びる、と言われています。

また、ホコリやフケなど何でも食べます。石鹸だって食べます(耐性あり)。

最強の雑食なので、食べ物をなくすことは不可能。ですが、

以前、Gとの遭遇率があまりに高かった夏の夜、

家じゅうの水気という水気を完璧に拭き取って寝て、1週間ほど経ったとき、

Gがめちゃくちゃ弱って出てきたのを覚えています(笑)。

ほんと、ヨボヨボなレベルでした。壁を這うことができず、落下するほどに。

兵糧攻めよりも、水攻めのほうが確実に効きます。

ただし、異常に手間がかかるので、そのあたりは覚悟が必要ですが^^

今年も熱きGバトルが幕開けです。嫌な幕開けだなぁ★

皆さまの健闘を祈ります><


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪