この発想はなかった・・・!棚段リュックの収納方法に唖然

【こういう発想ができる人、素直に尊敬・・・!】

空前のリュックブームです。背負えて両手がフリーになるし、

両肩に平等に重さがかかるので片掛けよりもラクチン。

ただ1つ、惜しい点は

「縦長なバッグの上のほうがガラ空きになってる」ってこと。

ほんと、底のほうに100%収納物がたまっていて、

上のほうは完全にムダなスペースになっちゃってます。

かといって、横長のリュックってのも(あるにはあるけど)あまり見かけないし、

背中一面を覆うようなバックパックでも、せっかくの収納量が

活かしきれてない気がするんですね。

そこで、”棚状になってるリュック”が発明されています。

これはスゴイ・・・!まるでおうちの棚をそのまま抜き出して背負ったかのよう。

この発想はなかった。間仕切りがされていて、前面がフルオープンできるリュック。

やっぱり我々、収納のありきたりな方法に囚われすぎている気がします。

私はリュックを使うとき、中をポーチなどで小分けしてますが、

これだったらポーチすら必要ナシ!これ思いついた人、天才ですね^^

まだ商品として出回ってる感じはないですが、ゆくゆくはこの形が

リュック内仕切りのデフォルトになるのかも?

【旅先やお出かけ先でもミニマルでいたい】

世のミニマリストさんたちは、旅先やお出かけ先でもすっきりスマートに

過ごしたいということで、持ち物そのものをダイナミックに減らす人が多いです。

たとえば、キャリーバッグそのものを持たない旅を考える。

旅=キャリーバッグ、トローリー、大きなバッグが必須というイメージ。

ですが、中くらいのバッグ1つで長期の旅に出ることも不可能ではないんですね。

私は旅準備となると、「まずはクロゼの奥からキャリーを引っ張り出して・・・」

と大仰に考えるんですが、賢明なミニマリストさんは、そうではないらしい。

「キャリーケースは必要ない」と、もともと持たないらしいのです。

お洋服は、クシャクシャになってもシワにならない軽い素材で、

着回しの利くものを2~3枚。下着は使い捨て。あとはお財布ケータイ&カード、

スマホバッテリー、iPodくらいで、ほかに何も持たないらしいです(すごい)。

なので、旅にもさらっと出られちゃう。気負いなく、今この瞬間からでも

旅立てるそうです。尊敬でしかない。

私なんて、旅行となるとたかが2泊3日でも「ああ、用意がめんどくさい」

「リストアップしなきゃ」「これも持っていったら便利かも」

「いざというときの備えに」と、救急セットまで用意してしまうんですが、

そういう思い込みを改めようかな、と思った次第です。

だって、上の棚(段)リュックなんて、たとえば宿泊するときに、

そのまま壁に掛けておけば、リュック自体が立派な収納になるんです。

そこからモノを取り出して、そこにしまう。そして、

チェックアウト時はそのままリュックをさっと背負って出発です。

ホテルにチェックインするやいなや、まずは私物をお部屋に広げる習慣の

自分とはまったく違う旅。羨ましすぎます、そんなスマートさ。

私も”収納の常識を疑う”ことにトライしてみたい。

やわらかな思考回路、見習いたいですね^^



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪