教えて!アウトドアグッズの収納・保管方法おすすめ5選1個ずつのグッズが大きいアウトドアグッズは、

収納に苦労する方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、アウトドアグッズをすっきりと収納・保管する方法についてご紹介します。

アウトドアグッズは縦に収納する

キャンプグッズ等の大型の荷物は、

収納棚を利用し、縦に収納すると、

保管するスペースを有効的に使う事ができます。

 

また、床に置いて保管すると、

幅を取ってしまい、他の収納の邪魔になってしまうので、

あまりオススメはできません。

アウトドアグッズは1か所に保管する

アウトドアグッズは、他に使い道がないアイテムが多い為、

1か所に保管しておくと、取り出すのに便利です。

 

また、1か所に置いておく事で、

自分が所有しているアイテムを確認する事ができ、

余計な買い足しをせずに済む確率が格段にアップします。

アウトドアで使用する小物類はクーラーボックスの中に入れる

レジャーシートや紙コップ等、

普段使わない小物類は、クーラーボックスに入れて保管すると便利です。

 

クーラーボックスだけでなく、

RVボックスに保管するのも効率的です。

収納スペースを活用する

押入れやクローゼットでは、入りきらない場合、

ホームセンター等で販売されているコンテナを使用し、

庭やベランダで保管するのも良いでしょう。

 

コンテナは、

持ち運びが出来る小型のタイプや、

高さが2ⅿ以上ある大型収納タイプまで様々です。

アウトドアグッズをトランクルームに預ける

前項までは、自宅に保管する方法をご紹介しましたが、

ワンルームや収納スペースがあまりないお宅の場合、

アウトドアグッズを保管する場所そのものが無い事もあります。

 

保管場所に困っている方は、

トランクルームに預ける事をオススメします。

 

トランクルームの主な種類は、

「トランクルーム」「レンタル収納スペース」「野外の貸しコンテナ」の3種類があり、

アウトドアグッズを保管するのであれば、

レンタル収納スペース」か「野外の貸しコンテナ」がオススメです。

 

レンタル収納スペースは、

室内に設置されている事が多く、

小物類をメインに収納する方にオススメです。

 

一方、野外の貸しコンテナは、

広い空間を割安でレンタルする事ができる為、

テントやテーブル等、大型用品を預けたい方にオススメです。

 

以下では、オススメのトランクルームをご紹介します。

 

室内型、屋外型のどちらも完備している為、

ライフスタイルに合った個人スペースをレンタルする事ができます。

 

比較的安価で室内型をレンタルできるので、

「屋外型には抵抗があるけど、屋内型は高価」と感じる方にオススメです。

アウトドアグッズの収納・保管方法のまとめ

収納が整えば、快適な生活を送る事ができます。

アウトドアグッズの様にかさばるグッズの場合は、特に整頓が必要です。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪