扱いが難しい絵画は専門の買い取り業者さんで買い取りを! 

扱いが難しい絵画だからこそ買い取りは専門家の力を使いましょう!

いつの世でも人々の心を惹きつけるものの一つに絵画があります。

一方某テレビ番組で、出演者の期待を上回る高額で評価されたり、反対に購入時をはるかに下回る価値しかないと判定されたりで適切な価値の判断の難しさを世に知らしめているのも絵画です。

某番組においても、フーリーマーケットで手に入れた数千円の絵が数十万の価値があると鑑定されたり、反対に画商から百万円超えで購入したのに数万円の価値しかないと判定されたりしています。

実際に、絵画は美術館の目玉やコレクターズアイテムとして収集されたりする一方で、資産運用の対象として取引されています。

絵画の価格は、その作家さんの人気や歴史的価値などによって左右され、基本的には時価で買取がされています。

中には掘り出しものとして高値がつくものもしばしばあるそうです。

だからこそ、自分が知らない作家さんの作品だからといって安易にゴミとして出したりフリーマーケットやオークションで売却したりせず、専門知識をもつ業者さんに見てもらうべきなのです。

扱いが難しい絵画を高価買い取りしてもらうには?専門家での買い取りがベスト?

作家さんの人気などの判断は専門家に任せて、その他に高価買取のために、私たちにもできることを見ていきましょう。

  • 作品についての情報を揃える

購入時に聞いた作品についての説明の内容をできるだけ書きだしておきましょう。

もし、購入先の人や画商さんに連絡が取れるなら、売却前に絵画に関する情報を聞いておきましょう。

また、これから絵画を購入するなら、作者や描かれた時期などの情報を確認するようにしましょう。

  • 絵画をよい状態に保つ

絵具や紙、キャンバスはほっておくと時間の経過とともに劣化します。

湿度や紫外線はカビやシミ、色褪せなどのトラブルの原因となってしまいます。

なるべく良い状態を保つためにお手入れや保管方法には気をつけましょう。

具体的には、画商さんや近所の美術スクールの先生に尋ねたり、画商さんのホームページで調べればすぐにわかります。

  • 無理に運搬しない

せっかくの絵画を運搬途中でどこかにぶつけたり歪めたりして傷めてしまっては勿体ないです。

最近は出張査定をしてくれる買い取り業者さんが多いので、有効に利用しましょう。

  • まとめ売りを狙う

複数の絵画の買い取りを依頼することで、将来の上得意客と思わせるのも高価買取につながります。

  • 複数の買い取り業者にみてもらう

やはり買い取り業者さんにも得手不得手がありますので、同じ絵画を見てもらっても出てくる査定額に違いがあります。

ですから、複数の業者さんから査定額をもらうようにしましょう。

繰返しになりますが、絵画の価値は、はっきりとした判定されたり基準がありません。

その時々の事情で値段が変わるといってよいでしょう。

そして、保管にも手間がかかりますので、「要らない」と思ったときが「売り時」と判断してよいでしょう。

そして素人判断をせず、専門知識を持つ業者さんを活用して絵画の価値に見合った処分(売却)をしましょう。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪