トランクルームの保険・保障は必要なの?!トランクルームの契約をする際、

業者に加入を勧められるオプションの1つに「保険」があります。

 

しかし、実際に保険に加入する必要があるのか、

疑問に思う方も少なくないでしょう。

 

そこで今回は、トランクルームの保険・保障の必要性についてご紹介します。

 トランクルームの保険対象は主に「火災」と「盗難」

トランクルームを利用する場合、

主に必要な保険は「火災」と「盗難」です。

 

  • 火災

トランクルームにおいて起こる可能性が高い火災は、

ビルの一室をトランクルームとして利用している場合です。

 

ビル火災により、預けた荷物が焼失してしまう事があります。

 

火災により荷物が焼失しても、

保険に加入していなければ、保証してもらう事ができず、

泣き寝入りする羽目になる事が多いです。

 

  • 盗難

セキュリティが自慢のトランクルームの場合は、

盗難に関し、あまり心配する必要はないでしょう。

 

しかし、何事においても、絶対に大丈夫という事はありません。

 

トランクルームが無人である事を知っていて窃盗をはたらく人もいます。

特に野外の貸しコンテナは契約者以外の人間の侵入も容易い為、

警戒心を欠いてはいけません。

 保険・保障には別途費用が必要な場合がある

保険に関しては、業者により意向は様々です。

 

トランクルームの賃料に保険料が含まれている場合や、

業者が保険料を負担してくれる場合もありますが、少数派です。

 

トランクルームをレンタルする場合、

保険料は、オプションとして扱われているか、

保険加入が契約上の必須条件となっている事が多いです。

 

また、倉庫会社が運営しているトランクルームの場合は、

倉庫業法により、保険への加入が義務化されています。

 保険内容はきちんと確認しましょう

保険に加入するからには、

契約書の内容を確認せずにサインをしてはいけません。

 

保険会社により、保険内容は大きく異なります。

 

よくある落とし穴では、

加入している保険は火災と盗難に対応していると思っていたら、

どちらか一方だったというケースです。

 

軽率に契約をすると、いざという時に役立ちません。

それでは、保険へ加入した意味がなくなります。

 

加入を検討する際は、以下の事を特に注意しましょう。

以下では、利用者が見落としがちなポイントをピックアップしました。

 

  • 対象となるトラブル

火災、地震、盗難等、保証を受ける為のきっかけとなる事柄を把握しましょう。

 

  • 対象となる被害の度合い

火災の場合では、

荷物の焼失の度合いにより、受けられる保証が変わる場合があります。

 

盗難の場合は、被害金額により、受け取れる保険金が変わる場合があります。

 

  • 自動更新の有無

一般的には、期日満了の半年~1ヵ月前までにお知らせが届きます。

届け出をしないと、期日満了と共に解約となる場合があります。

 トランクルームの保険・保障についてのまとめ

保険に加入するという事は、

荷物の安全が保障されたと言っても過言ではありません。

 

万が一の時に備え、加入しておくのも、一つの選択肢でしょう。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪