骨の髄からミニマリストな人たちの発想&名言が衝撃的!minimamu

【断捨離シロウトには思いつけない斬新な発想!】

受け売りだらけですが、またまたミニマリスト佐々木典士さんの著書から、

すごく面白い発想の文章を見つけたので、ここで触れてみようと思います。

それは、

『手持ちの服は自分が所持しているわけではなく、アパレルショップから一時的に借りている』

という発想。なんという斬新さ!常人の思考の域を超えている(笑)。

たしか著書の中ではコレ、

佐々木さんが感銘を受けた、とあるミニマリストさんの発想だった気がします。

armaniミニマリストの人って、服の所持枚数は少ないんだけど、

上質なハイブランドものを長く愛用するイメージですよね。

たとえば私みたいに、プチプラ服を数多く持っていると、

着古したらポイするしかない。だって、市場価値¥0ですもん。

とくにノンブランドでボロイ服だと、最悪ゴミに出すしかないわけですが、

名の知れたハイブランド服なら、着古した後もネット需要は高いわけです。

だから、ハイブランド服は、また市場に出回ることになり、

ブランドメーカーに古着として返却するようなカタチになる。

つまり、ブランド服とは「ブランドメーカーに一時的に借りて、また返す」ものであり、

ミニマリストにとっては「私物ではない」という捉え方なんです。

この発想、いいと思いませんか?

【「ブランドものの在庫を借りて返す」という発想】

 

hermes私のような見栄っ張り一般人は、

ハイブランドを身に着けることを一種のステータスに感じます。

自己満足も兼ねて、やっぱり質のいいものを身に着けると、

自分の価値が高まるような気分になる。まぁ、それって錯覚なんですけどね。

「ハイブランドを所持している私がステキ」だと勘違いしている。

悲しいかな、それがビンボー症のサガ(笑)。

だけど、骨の髄からミニマリストな人たちは、そうは考えていない。

自分の家のクローゼットに入っているブランドのお洋服たちは、

「ブランドメーカーから一時レンタルしているもので、いずれは返却する在庫」

と考えているのだそう(!)。おぉ・・・もうなんか人種が違う(笑)。

ブランド品をレンタルしてるんだから、

手持ち服=自分の価値に一切関知してないんですよ。

浮世離れしててカッコイイなぁ・・・!そんな境地に私もはやく至りたいものです。

私は今まで、”ブランド品を我が物にすること”、そこに価値があると思ってきた。

でもこれって超凡々人級の発想ではありませんか(笑)。

急激に自分自身が恥ずかしくなってきます。

一度、手持ち服を100%すべて断捨離して、こういうミニマルリッチな暮らしに移行したいもの。

でも、今持ってる庶民服への愛着をどうするのか?

そして、私ごときが経済的にハイブランド服を購入できるのか?という不安もあります。

やっぱり、究極のミニマリストさんというのは、ストイックでなくてはならないんですね。

とことん物事を突き詰めて、探求し、没頭する。そういう性格でなきゃ、

徹底したミニマルライフの維持が難しいんじゃないかと感じます。

まぁ、私はこのブログで「ほどほどミニマリスト宣言」してるワケですが、

体のいい逃げ口上なんですよ、このブログタイトルは(笑)。

だって、「究極ミニマリスト目指します!」なんて声高に宣言しちゃった日には、

手持ちの安服を全抹消するほかなくなりますしね。

でも、ミニマリスト佐々木さんも「ミニマリストはモノの量の少なさではない」と

私のようなズボラ星人にも逃げ道を与えてくださっている(著書の中で)。

だから、その優しいお言葉に甘えて、

こんなブログをネットの片隅で書いているワケです。ああ、なんか恥ずかしくなってきた(笑)

でも、これだけは言えますね。ミニマリストさんたちのストイックな姿勢を見習えなくても、

そんな斬新な発想がこの世にあることを知った。

その一事だけでも、何か価値のあることのように思います。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪