雑誌のような収納スタイルを目指す必要はない!kago

【スボラ母いわく「服をたたむ時間がない」】

服をたたんでしまう時間すら惜しい。めんどくさい。

そんな不精さんは、私の母を含めて全国にたくさんいらっしゃると思います。

タオルを物干しから直接使う人もいますし、それはその人の生活スタイルなので、

別に責められることじゃないと思う派です。

メディアや雑誌が取り上げる『収納は、こうあるべき!』みたいな縛りって、

そんなに意識する必要もない気がします。暮らしやすいカタチで暮らすのが一番。

極端な話、収納って「どこに何が入っているか」さえ把握してればOK。

収納の中までキレイに片したい人はそうすればいいし、したくなければしなくていい。

収納は、他人に見せるようなものではないので、”分かりやすさ”が第一です♪

box私も、たたむ必要のない服は、カゴに放り込んでます。

たとえば、おうち着のパジャマや冬のガウンなどは、一緒くたにしてカゴにIN。

パジャマなんて少々折りジワが付こうがどうでもいいので、

お風呂にそのまま直行できるような部屋の出入口に置いています。

取っ手付きのカゴなら、来客時だけそのままひっつかんでクロゼにしまえばOK。

服を片づけられずに床一面に散らばらせるよりは、カゴに放り込むほうがまだイイのです。

雑誌どおりに収納できないから「ああ、私は収納上手になれないわ」なんて

自分を責める必要はないのです^^

【下着やソックスも「丸めてカゴへポイ」でもOK】

syuunou雑誌の”収納上手特集”なんかを見ていると、

「下着や靴下などの小さい衣類は、間仕切りした引き出しにしまいましょう」みたいな

収納パターンが紹介されていると思いますが、この決まりを守る必要はありません。

もちろん、見た目の美しい収納ができるに越したことはないんです。

でも、世の中にはいろんな事情の人がいて、「一刻もムダにしたくない」、

「美しい収納などに時間を割いていられない」という方も多い。

フルタイムで働く親御さんや介護で多忙な方、体調のよくない方など、

「収納なんかに手が回らない!」という人も多いんですよね。

だけど、<どこに何があるか分からない>という状況は、どんな人にとっても

100%ストレスです。だって、モノを探す手間暇がかかってしまうから。

だから、かならずしも”見目麗しい収納”を目指す必要はありません。

プロのミニマリストさんは、収納自体が生業になっている人も多く、

そこにしっかり時間を割ける方たちばかりです。

日々、収納以外のことに追われている我々のような一般の人間は、

雑誌に出てくるような収納を目指すことはない。まずは、すぐにモノを取り出せる収納を作る。

これが先決なんじゃなかろうか、と思う私です。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪