教えて!キャンプ道具の収納・保管方法おすすめ4選ワンランク上のキャンプを楽しむ方が増えている昨今ですが、

キャンプを終えた後の収納については。

未だ進展していない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、キャンプ道具の収納・保管方法についてご紹介します。

キャンプ道具をキレイに保管する3つのルール

楽しくキャンプをする為には、

キャンプ道具はキレイな状態で使いたいものです。

 

しかし、保管方法がイマイチだと、

使いたい時には劣化が進んでしまい、

キャンプ道具そのものが使えない場合もあります。

 

以下では、キャンプ道具をキレイに保管する3つの方法をご紹介します。

 

  • 濡れたまま保管しない

水で洗ったキャンプ道具は、

濡れたまま保管してはいけません

 

濡れたまま保管すると、

カビの原因となり、保管場所全体にカビが広がってしまいます。

 

また、カビが発生しないまでも、

保管場所内に湿気が籠り、ほぼ100%、悪臭がします。

 

  • 紫外線は避ける

紫外線に弱いのは、人間のお肌だけではありません。

 

紫外線を直接浴び続ける事で、

キャンプ道具も劣化してしまいます。

 

特に、テントの骨組みとして使用されている金属は、

紫外線の影響を受け易く、変色や耐久の低下の原因にもなりますので、

コンテナ等、ケースの中に保管する事をオススメします。

 

  • 保管料をケチらない

キレイな状態を保つ為には、ケースの中で保管するのが最適です。

 

しかし、保管する為のケース代金を惜しんで野晒しにしておくと、

キャンプ道具は瞬く間に劣化してしまいます。

 

その為、保管する為にかかる費用は決して惜しんではいけません

 テントは圧縮袋に入れて保管する

意外とかさばるテントは、圧縮袋で保管し、

他のキャンプ道具が保管できる様、スペースを確保しましょう。

 

但し、あまりに大きなテントの場合、

対応している圧縮袋が無い事もあります。

 キャンプ道具は収納しやすい折畳みの道具を使う

キャンプに使用するテーブルやイス、ランプ等、

収納にスペースが必要なアイテムは、折り畳み式の物を使うと、

収納する際、便利です。

 

これから購入する方は、検討してみて下さい。

キャンプ道具の保管はトランクルームを利用する

キャンプ道具の様な大きな道具を収納する為には、

相応のスペースが必要です。

 

しかし、そのスペースを保有しているお宅は多く在りません。

 

そんな時に役立つのが、トランクルームです。

また、野外のコンテナであれば、

割安でレンタルする事もできる上、24時間出し入れ可能な為、

キャンプ帰りに収納する事もできてしまいます。

 キャンプ道具の収納・保管方法のまとめ

楽しいキャンプは、快適な収納により成り立ちます。

奥様だけに収納を任せるのではなく、

家族が一丸となって、楽しく収納する事をオススメします。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪