飲まないお酒は専門の業者さんでの買い取りがベスト

お酒は戸棚で眠らせてはダメ!専門の業者さんで買い取ってもらいましょう

お中元やお歳暮の贈答品として、または旅行のお土産として、お酒を送ったりもらったりする機会は多々あります。

「いつか飲もう」と思って戸棚にしまったままにしてしまうことって、皆さんも経験がありますよね?

他にも、あまり飲めない・飲まない銘柄や種類のお酒とか、残念なことに健康上の理由で飲めないなどの理由でせっかくのお酒が無用の長物となっていませんか?

封を切っていないお酒を排水口に流してしまったり、料理の隠し味に使ったりするのはまさに”もったいない”と言わざるを得ません。

飲まないお酒の処分方法は?専門の業者さんでの買い取りがベスト?

飲むことのないお酒を処分する方法にはオークションで売る、もしくは専門の業者に買い取ってもらう方法があります。

では、それぞれの方法について見ていきましょう。

  • オークションで売る

まず、一般にアルコールの販売には酒類販売業の免許が必要です。

店舗で販売する場合は、一般酒類販売業免許が必要です。

しかし、オークションで個人が不要な分を処分する範囲での売買は問題ありません。

これは免許が”継続的に”種類の販売を行う際に求められるものであるからです。

売買することは問題ないのですが、お酒は液体であり、容器はガラス製の割れ物です。

発送時の梱包作業や送料などの費用が結構かかることに気を付けましょう。

せっかくオークションで売却しても、送料や手数料を差し引いたら・・・なことにならないようにしたいものです。

  • 買い取り専門業者に買い取ってもらう

いろいろな手間を考えたとき、一番簡単でかつよい値段でお酒を処分する方法としてお勧めするのが”専門の買い取り業者さんに買い取ってもらう”ことです。

その理由は、お酒に対して専門的な知識を豊富にもっていて適切な価格を鑑定してくれるからです。

一口にお酒といっても、ビール、日本酒、ワインにウイスキーなど様々な種類があります。

ワインの鑑定は、それだけで職業としてやっていけるくらいの知識が必要になります。

とても素人ができることではありません。

また、買い取り専門業者さんは、独自の販売ルートを持っており、仕入れ(買い取り)から販売までの間で余計なマージンが発生しません。

ですから、他の一般的なリサイクルショップなどと比べても良い値段で買い取ってくれるのです。

飲まないお酒を専門の業者さんで高額で買い取りしてもらうには?

買い取ってもらうために持ち込む際に気を付けたいことがあります。

まず未開封であることです。

栓が開けられたものは、いくら高級なお酒でも買い取ってもらえません。

次に気を付けたいのが賞味期限です。

ビールなどは容器に賞味期限が記載されており、大体9か月くらいです。

日本酒の場合は、生酒の場合は7か月くらいで一般的なものでは1年です。

ワインは種類がありますが1~2年です。

もちろん賞味期限が間近にせまったものは買い取ってもらえません。

ウイスキーやブランデーには特に賞味期限はありません。

次に、買い取り価格に影響するのが、保管状態です。

もちろん埃がついたり汚れがあったりしたら価格が下がってしまいます。

また、購入時の箱や備品が揃っていると高値で買い取ってもらいやすくなります。

せっかく頂いたお酒です。

飲まずに処分するなら、高値で買い取ってもらえる専門業者さんを活用しましょう。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪