茶渋やステインをすぐに落とす裏ワザがスゴイかった!

前回、思い切って茶渋のついた食器をすべて漂白しました。

終わったあとは確かにサッパリ。ですが、取り掛かるまでがなかなか(笑)。

無精なもので、始動するまでに時間がかかるのです。

こないだ、100均で茶渋落としの粉末を買ってきて浸け置きしたんですが、

茶渋は少し落ちたものの、完全には落としきれず。(銀イオンのだったかな?)

そのほか、いろんなものを試しました。ハイターを直接かける(荒ワザ)。

不思議スポンジで擦る。重曹で擦る。どれもうまくいかないんです。

私がコツが分かってないだけかもしれませんが、

ゴシゴシするのはけっこう疲れますし、もっとラクして落としたい。

で、素敵な裏技情報を見つけました。

食卓塩、または

お酢で磨くだけで茶渋が落ちるというのです。ほんとかなぁ???

なぜ塩で、茶渋が落とせるのか。原理が知りたいものですが、

どうやら塩の成分とタンニンとが結びつくこと、そして

粉であることから研磨作用が働くこと、この2つが理由のようです。

普段使いのスポンジを濡らし、一つまみの塩をかけ、

気になる部分をこするだけ♪

そういえば賞味期限ギリギリのお塩が余っているので、

捨てずにそれを活用してみようと思います^^

【じゃあ、お酢はどういう原理?】

お酢は「やっぱり酸が強いから」というイメージ。

じつは、お酢は水垢落としに強い性質があるそうです。

つまり、渋垢にも強い!さらに効果を高めたい場合は、

アルカリ性である重曹を加えるのがいいそうです。

お掃除道具をあらためて買う必要はなく、絶対に家にあるもので

茶渋落としができるなんて、嬉しい限り。

塩もお酢も食品なので、洗剤のように必死にすすぎ洗いすることもなく、

口に入っても安全なところがいいですね^^

時間のあるときには、ハイターなどで浸け置き洗いするのもいいですが、

「急な来客時にお茶をお出ししなくては」というときに、

茶渋だらけの急須&湯呑をお出しするわけにはいきませんよね。

すぐに手軽に落とせる、というのも塩&お酢のメリット。

茶渋汚れがあると、お茶もおいしく見えません。

できれば日頃からこまめにお手入れしたいものですね♪



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪