「私服の制服化」でなく「私服のパターン化」はどうだろうか(提案)

毎日同じカタチや似た色合いの服って、どうなんだろうか

飽きっぽい者にとって、パターン化ってけっこうツライ。

というわけで、世のミニマリスト先駆者さんがオススメされる制服のパターン化。

たしかに非常に合理的です。

日々服を選ぶ手間や悩みがなくなり、服の枚数も激減。

クローゼットはスッキリ、死に服がなくなり、合わせるバッグや靴もパターン化。

まるで会社にいくときのスーツや学校制服のように、頭をまったく使わなくてOK!

ついでにソックスや下着も制服化しちゃえば、さらに合理的って気もしますよね。

下着の上下どちらか、もしくはソックスの片方がなくなる(破れる)ことがあっても

適当に取り換えればOKということ(貧乏性)。これは究極にミニマルな考え方です。

ですが!なんだかなぁ・・・物足りないんですよ。

たしかに年齢的には、流行を取り入れるキモチはどんどん減り、

今はあまり意識しない(話題の1つとして取り入れる感じ)。

ですが、季節感とかその日の気分的なモノを反映するお洋服を着たい日だってあるんですね。

たとえば曇り空で鬱屈した日には、「ちょっと明るい柄の裾の広がったチュニックを着よう」とか。

TPO的に「今日は地味目で行きたいな」という日はタイトシルエットでベーシックに、とか。

やっぱり私、服に関しては何かしら、ちょっとだけ悩みたいです。2分くらいは。

合理性⇔非合理性のはざまで悩む・・・

ファッションアイテムを膨大に持つ必要はないですが、

あまりに合理的のほうにはしると、今度は非合理的なほうに戻りたくなる天邪鬼。

シンプル&ミニマル服だけを持つのって素晴らしいですが、

”服を選び抜く楽しみ”も私は若干残しておきたい。面倒であっても楽しいので^^

で、私はあえて言いたいのです。「私服のパターン化で事足りる!」と。

通年スタイルがこの形状ってこと、自分でも気づかなかったけど

もう私にはこれしかないと感じます。「トップス=ゆるめ、パンツ=細め」。

「トップス=ゆるめ、ボトムス=ゆるめ」なオトナの抜けコーデみたいなのが、

どうも似合わないんですよ・・・センスがないだけでしょうが。

「トップス=ぴため、ボトムス=ゆるめ」は今まではアリでしたが、

なんかね・・・ウエストまわりの締め付けに年々耐えられなくなってきてる(笑)

パンツのジッパーが見えるほど短いトップスだと、たくさん食べられなくなるし

お腹ポッコリを隠すには、ゆるめ&長めトップスに限るんですね~。

って、こんなこと100年くらい雑誌で書かれてる基本のキでしょうが、

意外と侮れません。ボトムは通年、スティックパンツの引き締め色。そして、

トップスはふわっとゆるっと&腰まですっぽりゆったり。チュニックよりも長め丈。

この法則さえ押さえておけば、春夏秋冬このバランスでいけるのです。

多少色柄や装飾に変化を持たせつつ、このコーデバランスが自分にとって黄金。

あまり色気や女性らしさはないスタイルですが、けっこう万能なんです^^

みなさんはそういうMYコーデみたいなの、ありますか?

⇒服って何枚あればいい?オシャレな私の友人の格言

⇒体型が変わるごとに似合う服も変わっていく・・・


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪