「1in1out」の法則で捨ててみた!自分なりの断捨離道

さいきん再び服の増えつつあった私。うーん、なぜだろう?

明らかに自分の手で枚数増やしてるハズなんだけど、記憶がアイマイです(笑)

実家の母親が買い置きしてくれた服のほかにも、なぜだか服が増えている・・・。

どこから湧いて出たんでしょうね。摩訶不思議です(責任逃れ)。

「増えた分を捨てよう」と思い立つ

ファッションアイテムの断捨離の法則として、

「1in2out(1枚増えたら2枚捨てる)」、「1in3out(3枚捨てる)」

というのがあります。よく断捨離本などで見かける言葉。

断捨離を意気込んで始めたころは、これを鵜呑みにして

「1in3out」を心がけてたら、着る服がほんとになくなりかけたんです。

”ちょっとボロイ”レベルのものまで断捨離しまくっていたら、

気軽に着られる服が目減りし、よそゆきの服ばかり残ってしまったという・・・。

せっかく服の枚数を減らして、お出かけ前の準備時間短縮を狙ったのに、

今度は服が少なすぎて、着るものに悩んで時間がかかるという矛盾。

私はほどほどミニマルを目指してますが、

案外”ほどほど、中庸”というのが難しいものなのかも・・・?

というわけで、ふだんは「1in1out」の法則でやっています。

今回捨てたアイテムの傾向は

捨てる時の基準を、毎度心の中で定めて仕分けします。

今回は・・・

☆悪目立ちする色柄、年齢にそぐわないデザイン

☆季節の移り変わり時にしか着ないアウター

☆単価が安いためつい増えちゃう巻物系

☆チャックが開けにくいプチプラバッグ

が断捨離条件。1度も着なかった服もあるけど、着なかったってことは

体にそぐわない&似合ってないんだと思うんです。

シーズンものなのに手を付けなかったってことは、縁がなかったってこと。

払った対価の分、着倒してナンボのはずが・・服に申し訳が立たない。

「こんなことなら、ほかの誰かに買われるべきだった」と詫びながら処分です。

世界中には着るものに困る人もいるというのに。(←これ言ってるとキリないですが)

「この反省を次に活かせたら」と思いつつ、次のお買い物のときは

すっぽり頭から抜けちゃってるんだろうなぁ。そろそろ学習しよう・・・★

厚手のお洋服が減ったので、キチキチで詰まってたハンガーの隙間に

ちょっとゆとりが生まれました。圧縮されてた服たち、少しのびのびしてます♪

 

愛着のある服を断捨離するのってホント胸が痛む・・・!

【秋服って必要ないかも】秋専用服を断捨離して1枚もなくなった

【服断捨離】ミニマリストの手持ち服の枚数ってどれくらいなの?

おふみさんの本「服を減らせばおしゃれになる」を読んだよ


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪