ついにメルカリ出品を始めた私。不用品がどんどんお金に代わってく…!

スポンサードサーチ

メルカリ出品始めました!ドキドキです

出典 https://biz-journal.jp

 

スマホ所持者&スマホをある程度操れる人なら、

基本的に誰でもできるであろう「メルカリ」。

 

ところが、いろんな人が「やってみたーい!」と言っているにも関わらず

なかなか着手しない人も多いです。

 

使い方を1から丁寧に記事にしてみました↓

【メルカリの使い方】アカウント登録~商品の出品方法①

【メルカリの使い方】アカウント登録~商品の出品方法②

 

いっぽう、メルカリにハマる人の多くは

「今日〇〇円も売れたよー」なんて羽振りのいいハナシを展開中。

 

 

プロ級の人は1日数千円レベルの収入があって、

立派な副収入としてカウントできるほど。

 

 

私もかねて「いいなぁ、やってみたいなぁ」と思いつつ、

なかなか始められなかった。

「なんだか怖い・・・」という思いもあってのことです。

 

 

トラブルが多そう、梱包が難しそう、ルールが分からないetc、

”まったくの未知なる世界”すぎて足を踏み入れる勇気がなかったんですね。

 

ですが、年齢無関係に始められるほどにカンタンで

説明が丁寧なため、ガッツリ勉強しなくたって飛び込める世界。

 

 

月並みですが、「早く始めてれば良かった」と後悔。

 

 

処分したバッグや靴、買取店で値段の付かなかった無価値なモノだって、

日本中探せば、どこかの誰かにとってはお宝級だったりします。

 

 

「このアーティストCD、古すぎて買取できかねます」

 

と言われたCDだって、きっとレアです。

お住いの地域には居なくても、日本全国にはコアなファンが絶対に居ます。

 

フリマアプリ!メルカリのすごい機能にビックリ

 

上がメルカリの画面です。(スマホキャプチャ)

 

右下の赤い「出品」のカメラボタンを押すと、

カメラが起動して何枚か出品用の写真が載せられます。

 

 

で、商品説明(いつごろ買った、何円で買った、使用回数、ブランド、汚れ具合など)

を入力し、出品するだけ。これは慣れれば10分、5分でできるようになります。

 

で、私がメルカリで感動したのは、コレ。

自分と相手の個人情報のQRコード。

 

「家や電話番号が相手に知られるのが怖い」のが

こういう個人売買の怖いところ。ですが、

 

QRコードだと、どこの誰から誰に送ったかをヒミツにできます。

 

 

私は今回郵便局から発送したのですが(コンビニでも可)、

郵便局に設置してあるQRコード読み取り機にスマホの画面をかざすと、

シールタイプの送り状が出てくるんです。

 

 

この送り状を、出品する物とともに窓口へ出せばOK。

 

売買における個人情報漏洩の心配が、ない。

※もちろん、会社ぐるみで流出とかあれば別ですが。

 

「なるほど・・・こういう仕組みなのか!」と衝撃でした。

 

賢い仕組みですよね。メルカリさんが仲介してくれるため

こういう安全面への配慮が可能なのです。素晴らしい。

 

というわけで、今日もいそいそと出品の梱包中。

 

家から不用品が減っていく上、お金が手に入り、

どこかの誰かが私の愛着ある品を使ってくれる。

 

誰もが幸せになるWin-Winの仕組みではないでしょうか。

 

もちろんトラブルも時には起こり得ます。

それは、大人数参加型の売買には付き物のリスク。

 

 

これで家の中のものを一掃、お金に代えていくぞー!

(もはや趣味の域)

 

 

実店舗ワンダーレックスでお試し買取査定してみた

スピード買取.jpに出張査定を申し込んで口コミレビュー 査定完了編

押し買いの恐怖!母が実際に体験した押買の手口が怖すぎる!

自宅に査定の人が来てくれる!?便利な買取サービス活用

 



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪