「住まいの収納量=自分の持ち物の上限」という発想syuunou

【持ち物に合わせて収納を増やしちゃいけない?】

あなたのおうちのクローゼット、足りてますか?

「もっと収納が多ければいいのに・・・」と日々溜息をついてないでしょうか。

でも、逆の発想で考えてみてください。「もっと持ち物が少なければいいんだよね」と。

備え付けの収納力って、自分のチカラでは変えられません。

収納家具を買い足すことはできるけど、それじゃ部屋が狭くなっていく一方。

で、ここで発想転換!

「備え付けの収納で十分足りている」と考えてみるのです。

今お住まいのクローゼットや押入れに、自分の持ち物の量を合わせるんです。

だいたい備え付けの収納って、住んでいるおうちのサイズに比例しますよね。

私も狭い賃貸住まいなので、収納用クローゼットもそれなりの大きさ。

で、私は考えました。

住まいの収納量=自分の持ち物の上限なんだ、と。

「いまの暮らしむきなら、持ち物はこのクロゼの収まるくらいが、身の丈に合っている」、と。

そう、つまり、身の丈に合わないほどの持ち物を抱えているからいけない。

【収納を今以上に増やさないで、持ち物を減らす】

syuunou2収納を増やしたら、持ち物も比例して増えてしまう。

たとえば、靴箱に靴が収まりきらない人が、

備え付けの靴箱のほかに、大容量シューズボックスを買うとします。

そしたら、一見玄関はスッキリ片付いてまとまったように見える。

で、それに味をしめて、さらに靴を買い足していくケースがある。

「収納は足せば広がるんだから、もっと靴を買ってもいいよね」となる。

結果、持ち物は増えるばかりです。収納量に甘えてしまうからでしょうね。

私自身も、バッグを買うのが趣味でした。

でも、クローゼットに手持ちのバッグが収まりきらない。

だから、大容量のバッグハンガーを買い足しました。

そしたら、さらにバッグを買いこむようになってしまい、バッグハンガーもいっぱいに。bag-hungerそして部屋中バッグだらけになって、イライラするようになりました。

なんて愚かな・・・!本末転倒すぎです。

「あの時、バッグハンガーを買わなければ、

バッグをSALEごとに爆買いすることもなかった」と今なら分かる。

そう、収納を増やしたら、どんどんお部屋は狭くなって、整理整頓ができなくなって、

お部屋の中にモノが散乱し、ストレスがたまるいっぽうなんです。

収納を増やして、今以上にモノを買い足さなければOK。ですが、

「収納を増やすことで、持ち物が増えるケースもある」ことを肝に銘じたいですね。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪