【服の買い方考】”それなりの服複数”よりも”会心の一着”!

【あつらえたようにピッタリくる魅惑の一着の破壊力】

「これは!」と思ったお洋服を手にする喜びは、

「適当な服を数枚買うよりも断然大きい!」。これを最近痛感します。

断捨離を目指す者にとって捨てることって大事なんだけど、

まず服の増やし方を研究したほうがいいかもしれません。

我々は、服をまったく買わない訳にはいきません。

流行を追う必要はないとしても、体型が変わったり服が古びたり

特別な催しがあったりして、新しい服を買う必要に迫られることもある。

そんなとき、「とりあえず、これを買っとこう」と”間に合わせ”で

お洋服を買うこともありますよね。

私ごとですが先日、TPO的に新しい服を買わなければいけない機会があって、

死ぬほど気に入った訳じゃないんだけど、「今必要だから」という理由で

比較的プチプラな服を2枚買いました。でも、なんだかモヤッとしました。

帰宅してから、「やっぱりあの服は買わなきゃよかったかも」と悩み、

「ムダ遣いしてしまった・・・」というプチ罪悪感にさいなまれてしまった。

「もっと探せばよかったなぁ」という不服と、

あまり気に入ってない服のみが手元に残ってしまった。

そしてその翌日、たまたま出かけた先で会心の一着に出会ってしまったんです。

【「こ、これはっ・・・!」という一期一会の衝撃】

そのお洋服を見た瞬間、胸を撃ち抜かれました。

「この服、自分に『買ってほしい』と訴えている!」と確信するほどに

私のサイズ、趣向に完璧にマッチしていたのです。

まさに<会心の一着>と言ってもいい。

この出会いは恋愛に似ている(笑)。昔でいう「ビビッとくる」というやつです。

「私、この人を好きになると思う(または付き合うことになるかも)」みたいな

強い確信をもって、バイヤーさんに人形から外してもらったその服は、

試着してみるとあつらえたようにピッタリで、ものすごい満足感でした。

そういう服に出会い、家に帰ったときのホクホク感は、

間に合わせの服とは一線を画します。そして、それに満足した私は、

その後当分のあいだ、お買い物に行かないんです。行く気がしない。

その満足感だけで当分生きていけるのです。やっぱりココロの充足感は

モノの充足感よりもかなり上をいくものです。

モノが満たされていても、ココロが空虚だったら意味がない。

適当な恋人が複数いるよりも、大好きな一人といるほうが絶対幸せ。

この辺は価値観によるかもしれませんが、

一期一会のお洋服には、そんな唯一無二の魔力が備わっている気がします。



買取アプリメルカリのダウンロードはこちら

実際にメルカリの事がなにもわからない状態から使い始めた実践記はこちら←
スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

フィギュア・おもちゃ・CD買取ならeあきんど

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪