「私は服を捨てるのが怖い」ってことが判明した・・・(涙)

ほんとは捨てるのが怖い!逃げてばかりの豆腐メンタル

断捨離が進まないのは、言い訳ばかりしてるからです(直球)。

「いや、だって家着って必要だし・・・」

「程よく着倒した感じの服のほうがなじむし・・・」

みたいな。逃げ道の言い訳をみずからこしらえて並べて、

捨てることを回避しようとしている心・・・!

なんとしてでも、服を捨てない方向に持っていきたいんですよね。

断捨離を目指してるくせに、服がなかなか減らないのはこのあたりが原因。

ほら、よく目にする「1年着なかったらこれからも着ない」とか、

「いつか着ると思ってたら絶対着ない」とか、

「流行は巡ってこない、ダサくなったら即捨て」とか。

そのテの文言を真に受けたら、きっと断捨離なんて瞬時に終了する筈なんです。

でも、このブログを開始してからかなり経っても、私はミニマリストに

近づいては離れ、近づいては離れ・・・でなかなかです。

私は、自分の深層心理を見抜いています。そう、捨てるのが怖い。

モノとお別れしたくないんです、本当は。

出会いがあれば別れがあるのは百も承知だし、

人間関係も服とのご縁もすべていつか終わるんだけど

いつか来るお別れを、先延ばしにしたい思いがあるんですよね・・・!

お洋服に宿る思い出、そして服への愛情

服って、夢がありますよね。女性にとってお洋服は、

着るだけでキャラクターまでも変身させてくれるような面白さがあります。

たとえば、”着物を着たらガラにもなく内股になる”、みたいな。

そして、上のスーツは私が社会人になりたての頃、購入した思い入れのある上下。

このカタチははやりすたりもなく普遍的で、すごくお気に入りなんです。

さして高くもない、だいぶ傷んだ服なんですが、目にするたびに

社会人になりたての緊張感や背伸び感が蘇り、手放せずにいました。

それを、このたび断捨離できました。

かなり勇気が要ったし、切なくて泣きそうになりました。

服には思い出が宿ってる。だけど、服を残しておく理由にはならない・・・。

なのに、このお洋服を目の前から抹消することが出来ずにいました。

初々しかった頃の自分と決別するかのようで、悲しかった。

でも、スーツからしたら、ずっと真っ暗なクローゼット奥深くにしまわれ、

ホコリ臭くなっているだけ。服の存在意義なんてあったものではない。

服との別れは、胸が引き裂かれるようです。でも、思い切って処分した後は、

ちょっと空虚だけど肩の荷がおりたような、澄んだ気持ちになれました。

この別れの勇気、そして服との対話(?)をすることで、

断捨離って進めることができるんですね。


スポンサード リンク


断捨離した物を捨ててしまいますか?お金にしていますか?買い取ってもらった方がお得です!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?




この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪