トランクルーム内の温度・湿度の変化による損害と対処法とは?湿度と温度の管理は、人間がいない場所では管理が難しく、

大切な物品を痛めてしまう事もあります。

 

さらに、野外に設置されているコンテナでは、

特に湿度と温度の管理が難しくなります。

 

そこで今回は、トランクルームにおける湿度・温度に関する損害と対処法をご紹介します。

トランクルーム内でのカビによる損害

野外のコンテナは、外の温度や湿度に左右され易く

荷物の保存状態が気になるところです。

 

特にカビを心配する利用者は多く、

梅雨時に、衣類にカビが生えてしまった。」等、

コンテナに預けるには不向きな荷物を預けてしまい、

辛い思いをした事を口コミで語っている方もいらっしゃいます。

 

しかし、トランクルームも日々進化を重ねています。

 

通気性の優れたコンテナを採用したり、

太陽の熱を遮断する設計にしたりと、

野外に荷物を預けても、何のトラブルも起きない様、

配慮をしています。

トランクルームでの気温の変化による損害

トランクルームの場合、

空調機器が整えられていないと、預けている荷物が劣化してしまう場合があります。

 

気温の変化による劣化は、

野外に限らず、室内のトランクルームも同様です。

 

大切な絵や本を預ける場合には、

24時間、空調の整っている環境で預けるのが合理的です。

 トランクルーム内でのダニによる損害

ダニは湿度が高い環境を好み、繁殖も盛んになります。

湿度60%以下の場所では、動きが鈍くなり、繁殖も停止されます。

 

山の近くに設置されているトランクルームは湿度が高く、

ダニの発生率が高くなる傾向にあります。

 

トランクルーム内の空調を整えている場合は、

問題が発生する確率はかなり低いものの、

スペースだけを貸し出し、管理等は利用者に任せている業者の場合、

ダニに対する不安はぬぐえません。

トランクルームでの湿気・温度に対する対処法は2つ!

湿気に対抗する為には、以下の2つの対処法を取る事です。

 

  • 湿気取りを設置

ドラッグストアやホームセンター等で、

200円前後で購入可能な湿気取りを設置するだけでも、

湿気の増え方はかなり違います。

 

但し、トランクルームの広さに合った量を設置しなければ効果はありません。

また、室内のトランクルームを間仕切りのみで個人スペースを確保している場合、

湿気取りを設置したところで、効果はありません。

 

あくまで、個室状態になっているスペースで利用をした際、

効果がみられる対処法です。

 

  • 空調を24時間稼働している

24時間体制で空調機器が運転しているトランクルームでは、

湿気や温度に負ける事なく、荷物を預ける事ができます。

 

その他では、湿度防御を行うコンテナを使用している業者等、

業者により、湿度・気温において様々な対策を講じています。

トランクルーム内での温度・湿度の変化による損害と対処方法についてのまとめ

トランクルームに荷物を預けた利用者から多くあがる苦情の1つが、

湿気や温度の変化による荷物の劣化です。

 

荷物を預けるスペースを提供している以上、

業者は快適に利用してもらう為、日々、努力を続けています。


スポンサードリンク



通販買取の最大手であるスピード買取.jpでは、ブランド品以外にも、お酒、 着物、 宝石、 古銭、 アクセサリー、 毛皮、 切手、 時計、 骨董品、 その他、など、色々査定してもらえます!
管理人が買取り専門業者「スピード買取.jp」に自宅査定を頼んだ時の体験レビュー!
はたしていくらになったのか!?


コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】


本買取専門店(ビジネス書、参考書などの専門書中心)の古本買取【エコブックス】で!

この記事の最上部へ

【ほどほどミニマリスト】トップへ



ブログを読んでくださった方はポチっと応援よろしくお願いいたします♪